社長の「見える化」 できてますか?

見える化とは文字通り、見えにくかったもの、見えなかったものを
誰が見ても「なるほど!」とすぐにわかるようにすることです

では答えのないクイズです
中小の会社組織でもっとも「見える化」がされてない人は誰でしょう???

それは「社長かな」 と答える従業員がおそらくいちばん多いでしょう

なぜか? 「社長の見える化がされている」という印象を与えるには
かなり高いレベルでなされてないと実感は生まれないからです
なぜなら、従業員は全員社長を見てるからです!!
だからちょっとでも不透明だったり、意味不明だったりするとすぐに
「社長は何考えてるかわからない」
になるんです

この状態はとてももったいないです

「この会社はどういう会社であるのか」(企業理念、ビジョン)
「今どこへ舵を切って、どこへ向かっているのか」(中期経営計画)
「会社が従業員に何を求めているのか」(スローガン、行動指針)
「社長ってどういう人なの」 (人となり)

これが社長の頭の中だけにある、なんてあまりにもナンセンスです

見える化は、従業員に指針、判断基準、目標、夢を与え
組織が一丸となって進んでいくための大きな原動力になりえます
これを使わない手はないのです

出しましょう
言葉にしましょう
コミュニケーションを取りましょう

方法論はいくらでもあります
理念を整備し、社内報などの伝えていく手段を作る、朝礼で(ほどほどに)語る、飲みニュケーションだってOK
やれることがあったらやりましょう
結果はすぐに出てくると思います
ken2
今日も読んでくださってありがとうございました
ついでに、応援をいただけると幸いです!

弊社のウェブサイトは
ココをクリック 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です