目の前のことをただ一生懸命やるだけ・・・・・・・?

目の前のことをただ一生懸命やるだけ
ken5
いい言葉、正しい言葉・・・・のような気がしますが・・・

目の前のことをただ一生懸命やっている、その今は、
どんな状況で、どんな心の状態なのか?

ここが伴っていなければ、この言葉はただの虚しいものになってしまいます

万全の準備があって、結果に繋がりやすい状況を作った上で
目の前のことをただ一生懸命やっているのか

戦略も準備もなく、闇雲に無計画に非効率的に
目の前のことをただ一生懸命やっているのか

自分たちが何のために、どこへ向かっているのか
それが見えなければ、そもそも「一生懸命」やることも難しいものです

・理念を掲げましょう
・戦略を作りましょう
・目標を示しましょう
・計画を立てましょう
・これらを全員で共有しましょう

そしてそのうえで実行しましょう

そこまでやって、はじめて

目の前のことをただ一生懸命やるだけ

が、始まるのです

これらを間違えなくやれていれば、どんな会社でも成長曲線を描き始めるでしょう
なぜなら、従業員が幸せに、モチベーションを高めながら仕事ができるからです
会社は結局のところ人
その人に、目の前のことをただ一生懸命やってもらうために、
企業としての存在宣言を高らかに行いましょう!!

本日も読んでいただいてありがとうございました

ちなみに弊社のスペシャリティは、「理念」と「共有」です
理念の策定&浸透から、社内報メディアによる組織づくりに関してはぜひご相談ください
弊社のウェブサイトはコチラ

今日も応援をいただけると幸いです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です