2019年 社内報のトレンド 

新人の採用状況や求人倍率、日経平均など、さまざまな指標を見る限り、経済は上向ている
(日経平均は多少の乱高下はあるものの・・・)
そこに紐づくさまざまなトレンドは猛烈なスピードで移り変わっている

そのスピード感から比べると、社内報は変化は遅い媒体だ
長いところでは数十年の歴史もあり、「うちの社内報はこういうものだ」という硬直もみられたりする
多くの企業内がそうであるように、社内広報に
十分な予算やマンパワーは割けず、そうそうリニューアルもしていられない

だからといって変化がないわけではない
その方向は確実に一つだ
それは、

「実を求めている」

という点だ
言うまでもなく社内報の発行目的は、経営課題解決に端を発す
理念浸透、経営方針の伝達、社長の考えを伝える、コミュニケーションの活性化
モチベーションアップ、成功事例の共有、部署間の緩和、離職率改善などなど
大きいものから小さいものまで、さまざまな課題解決を意図して
企画が練られ、あの手この手でその改善への一手として記事が組まれている

その流れは、今までのこれからも変わることはないだろう
社内報の存在理由がそれだからだ

だがその効果を厳しく問われ出している感は、現場に接していて痛いほど伝わってくる

コストを投じるだけの価値があるのか? 

という問いに対して、社内報は基本的に明確な答えをだしにくいメディアだ
我々専門の制作業者でも、社内報の費用対は?と聞かれると、納得してもらえる解を出すことは難しい
雑誌ならば販売部数や広告収入などわかりやすい数値があるが
理念浸透を社内報がどの程度達成できたか? という疑問を数値化することはできないからだ

だが、そこが今問われ出している

さまざまな企業の社内報担当者は、そういうプレッシャーを感じているのではないだろうか?

そのためにできることは何か?
それは、社内報の発行目的の先鋭化に尽きる
号毎ではなく、企画、ページ、コーナーそれぞれに明確な意図と狙いをもって
作ることが、もっとも実を出す近道だ

弊社の事例でこんなことがあった

ある案件で大幅なリニューアルの際に獲得した仕事で
新人紹介のページをかなり豪快に変更してみた

狙いは、新人のやや高めの離職率を抑えること

そこで、なるべく職場に溶け込みやすくなるような記事を作ることを考えた

社員証みたいな写真ではなく、とびきり笑顔のプライベートカットを乗せ
入社の堅い抱負はそこそこに、趣味や性格を前面に出し
新人らしい夢や、先輩への質問などもトピックに加えた
また、ユニークなキャッチを自分自身で考えさせて掲載してみた

新人が配属される前に、職場の先輩たちはその子のことが具体的に知っている状態を作り
迎え入れるためのハードルを下げたかったのだ

その結果、その年、ただの一人も新人が辞めなかった

これを社内報の成果です! と宣伝することも証明することも残念ながらできないが
「成果に少しくらいは起因した」くらいは言えるはずだ

付随して、その社内でそれまでの社内報よりもはるかに高い評判をもって評価され
精読率も上がり、アンケートの回収率も向上し、その内容も好意的だった

これが実をとるということだ

それは言い換えれば、
「読まれない」「効果が見えない」
で当たり前だった社内報の存在が許されなくなってきている

といことでもある

これは、社内報のトータルで、特集で、連載で、コーナーで、
その一つ一つに明確な狙いを持って、そのための記事づくりをしていく必要がある

(おそらく専任でない方も多いであろう)社内報の担当者は、プロに近い視点で
企画を練っていく必要が生まれてきている

これは、我々へのプレッシャーでもある
昨年でさまざまな社内報を制作していくなかで、肌で感じたプレッシャーだ

効果を感じられる社内報づくり

これが2019年に、より具体的に目指す社内報の姿だと
私達は考えている

社内報制作雑感 2018/5/21(社内報専門制作会社 社長のつぶやき)

社内報の発行目的は、絞れば絞るほど効果が出ます

「全社員に理念を訴求する」

という目的よりは

理念の最初の言葉である「誠意」を、各社員がそれぞれの解釈で語れるようにする

新入社員を一日も早く社内になじませる

のほうが、誌面がより具体化され、伝わるもの近づきます
つまり、発行目的の実現が期待され、価値のある社内報になります

私たちは提案や制作の際に、号ごとに目標を定めたりします

「この号は、ちょっとでもいいからとなりの部署に対して肯定的なイメージを持たせよう」

「今回の特集で、部課内で企画される飲み会の数を増やそう」

そんな制作チームだけで共有されるその号だけの裏発行目的が設定されたりします

これは、社内報の制作担当の方にはぜひ考えてほしい方法論です
とくに、社内報は、読まれにくいメディアということはわかっていつつ
有効な手段を持てず、なかなか流れを変えられないと思っている方にこそ
取り入れてほしいです

制作会社と制作担当の完成誌面のイメージ共有は、成果物にものすごく大きな影響を与えます
最初の編集会議で、このあたりをじっくり落とし込んでイメージを共有しておけば
制作そのものがスムーズになり、誌面の完成度も間違いなく上がります

困ったときの裏発行目的設定

ぜひご検討くださいませ

応援クリック、よろしくお願いします

人気ブログランキングへ

新年度の誓い!

どこよりも読まれる、人の心に刺さる社内報と会社案内をつくろう!
そう心に決めて、起業したのが2012年

お陰様で、弊社も6期目を迎えることができました
ひとえに、お得意先様、協力者、そして弊社スタッフなど、すべてのステークホルダーの皆様のおかげです

本当にもう・・・感謝しかありません

2018年度、私たちはより創意工夫をし、弊社の創業時の想いをそのままに
読まれる&心に刺さる 制作物を作り続けます

株式会社コミュニケーションズ・イン
代表取締役社長 高橋健

社内報のリニューアル! どこから始める??

社内報のリニューアル

必ずリニューアルに至った理由というのはあるはずです

・いまいち読まれていない
・変わらないまま結構な年数が経った
・会社が一新するようなトピックがあってそれに合わせて

などなど、理由はきっとさまざまでしょう。

その対策として、ページ数を増やすとか、レイアウトを今風にするとか
業者を変えてコンペするとか、いろいろな手段を、皆さん(企業内社内報制作担当の方)は取れるはずです

でも、その前に前提として考えてほしいことがあります
それは、ターゲット設定です

皆さんの会社には、男性女性、そして各世代さまざまな方がいます
社内報はかなり公な感じのメディアですので、そのほとんどは
読者対象を全従業員としています

もちろんそれはそれでいいんですが
本当に「伝わる」社内報にしたいと思うなら
このあいまいな感じをそのままターゲットとしてはいけません!!
社内報の読者イメージは、あいまいではいけないのです!!!

例えば、皆さんがフリーペーパーを作るとして
ターゲットを
・20代から50代の男女 (社内報的設定) 
・30歳結婚前の一般的な企業に勤めている女性 

としたら、どちらが鋭敏なものができると思いますか?
どちらが具体的で、伝わるものになると思いますか?

いうまでもなく、後者です
そして、それは社内報だって同じなんです!

だからこその社内報における、ターゲット設定
大事なんです

私はここで実をとるターゲット設定の仕方を公開します
ズバリ!

ターゲットの年齢:社の平均年齢
性別:男性が多い会社なら男性 女性が多い会社なら女性

この層だけに「伝えよう」として作ってしまってOKです

そうすると、この世代や性別に当てはまらない層は読まないのではないか? 

大丈夫です!!! 
力強く断言します
それどころか、あいまいなターゲット設定のまま作るよりも、ずっと
伝わるものになるはずです。
読者の皆さんには例外なく「共感する力」があります
これは、具体的であればあるほど、強くなり、同じ会社の中心世代に向けて作られたものなら
確実にどの層にも伝わるものが出来上がります!

もし、社内報をリニューアル! ということになったら
この手法、考えてみてください

即効性、すごいですから!!

読んでくださってありがとうございます
今日は雪で大変ですが、どうかすばらしい一日をお過ごしください

応援クリック、よろしくお願いします

人気ブログランキングへ

社内報の企画を立てる前に確認しておきたいこと

社内報はページ数によって企画の質が変わってくる

16P以上のものとなると、ある程度骨太な読み物、特集が必要となってくる
これが
8Pの短いものだと、部署紹介や情報共有記事などでほとんどのページは埋まり、
せいぜい一見開きか、表4などに自由度もたせたりするぐらいとなる

この両者は完全に目的が違う
前者は、会社の問題、課題に鑑みてそれを直接提起するようなものが作れるし、
それだけのコストをかける以上、社内報に期待される役割もある程度の重みをもっているだろう

しかし、この重みがあればあるほど、長大な社内報は「読まれ度」において危うさを増す
率直に言えば、大半の従業員は、ボリュームたっぷり文字たっぷりの特集記事を
精読しようとはおもってはくれないのだ

このブログでも何度か書いたが
「会社が伝えたいもの」 と 「読者が読みたいもの」は違う

社内報は紙媒体であり、読者である従業員にとっては、ただの冊子なのだ
経営層が「社内報をしっかり読もう」というような強いメッセージでも発していない限り
社内報は読まれにくい
この前提を無視して、伝えたい事だけを記事にしていると
その社内報は読まれない つまりは価値の低いものになってしまうのだ

だからこそ、ボリュームのある特集を企画するときは
しつこいほどに読者視点にたっての検証が必要となる

・何が書いてあるかある程度すぐにわかる簡潔な見出しや説明がある
・ビジュアルや図表を駆使して読みやすさを考えたレイアウトをしている
・従業員である仲間がでている
・メッセージだけでなく、共感を得るポイントを意識したつくりになっている
・興味を持たせるようなインパクトなるタイトル、扉、表紙になっている

などなど・・・あげればキリがないほどポイントがある
それだけ、読者視点で記事をつくるということは、奥が深く、大事なことなのだ

ただし結論をいえば、読者視点で記事をつくることに正解はない
従業員読者の背景は、会社によって異なるし、状態、理念などにもよって
読者にマッチする誌面の質は変わってくるからだ

だからまず、予断をもってことにあたることがポイントとなる

社内報はいつ読まれるのか? 昼休みか?終業後か?持ち帰っての帰宅後か?
もっとも伝えたい世代はどこか?(記事別に考えてもよい)  それは男性か? 女性か? 何歳なのか?
どのようなつくりが好まれるのか?

これらを整理して社内報制作に係る関係者全員と共有しておくことが
チームを有機的にする最初のポイントだ

自社の多忙な40代男性社員に響く企画を立てる際、
凝ったチャーシューの作り方を載せるより、5分でできるずぼら飯のほうが端的に読まれ度は上がる
これは、正解とは言わないが、「何かを伝える」という点においては、価値のあるものができたと言える

ならばこれを社内報でやるならば・・・・?

と考えると、誌面で見直すべきポイントはでてくるはずだ

読んでくださってありがとうございます
今日も良い一日をお過ごしください

応援クリック、よろしくお願いします

人気ブログランキングへ

社内報の読まれ期待度のハードルの低さについて

「社内報、読まれてます?」
営業の場で社内報の制作担当者にそう質問してみると……
「そうですね、そこそこは…」
「読んでくださる方もいますし、読まれてない方もいるのが現状です」
こんな答えが大半です。
「読まれていますよ!」なんてポジティブな回答もありますが、
社内アンケートなどで精読率を調べてみると、だいたい半数程度が 
・しっかり読んでいる 
にチェックを入れている程度。

 これはもう9割以上の社内報とその制作担当さんに言えることなんですが、
社内報の精読率への期待度というか、このくらい読んでくれたら合格点、というレベルがすっごく低いんです。
なんというか…、「ある程度読まれなくて当たり前」という認識が根底にあるんです。

ddd
なぜ、多くの会社の社内報は読まれないのか?  =  なぜ、多くの会社は読まれない社内報を作るのか?

社内報というのは、言うまでもなく会社の印刷物。そこにはどうしても公共的なものというイメージが根深くあって、潜在的「こうあるべき」というブレーキが働いているものがけっこう多いです。
だからどうしても、「真面目」「文字が多い」「おとなしいデザイン」という作りになりがちです。
とはいうものの、学生の売り手市場に転じた採用シーンでは、そんな会社であってもかなりユニークな会社案内や採用パンフレットが許されていたりする。
ここでは、学生を確保する、という「実」があるんです。だから会社もそのために柔軟になるし、必死でアイデアを求める。
じゃあ、社内報の実って何か? 
もちろんそれは発行目的に帰結すると思うんですが、ここがけっこううやむやなんです。
一体感の醸成とか、理念浸透とか。これらの目的が悪いといってるのではなくて、
「学生の確保」という明確な目標に比べると、どうしても見えにくい。

だから、採用パンフレットみたいに、冒険はできないんです。 冒険するきっかけがないんです。
その結果、「真面目」「文字が多い」「おとなしいデザイン」という特徴が改善されず、ある程度しか読まれないものであり続けている。

私たちは、この状況を打破します。
実際「全然読んでくれない」「配ったその日に捨てられている」などという悩みをもって弊社に相談されるお客様はとても多いです。
そこで弊社が制作を行ったら、「誌面がすごく変わって評判がいい」「とても読んでくれるようになりました」という評価を、当たり前のようにいただけます。
これはもうデフォルトです。それは弊社の社内報制作が、本当に「精読率100%」を目指しているからなんです。

薄い! 軽い! カッコイイ!
ここに込めた、社内報の新しいカタチ

 弊社は、まずボリュームの多い社内報を否定します。
 文字がぎっしり詰まっている社内報も否定します。
 そしてレイアウト、見た目にこだわっていない社内報を否定します。
なぜならそのどれもが、読者に読んでもらうために何一つ欠かせない要素だからです。
 
ページは8Pがベストです。多くても16Pまでに収めたい。A3のタブロイドなんかにしてもいいですね。
1P当たりにいれる文字は、800文字前後で統一、どんなに多くでも1000文字以内で収めたい。
 そして、レイアウトは入口になる表紙から、どこでもビジュアル重視。写真一つで、読むモチベーションも理解度も変わるんです。
 
 まあ、社内報で、こんだけとんがっていることをやっているので、必ず読まれる価値のある社内報を提供できます。
ただし、ビジュアルに訴える写真撮影やこれまで以上につっこんだ情報収集など、お客様にご協力をいただく場面も多く、
誌面もかなり「社内報的」でないつくりになります。

これはある意味、すべてのお客様と抜群の相性を示すことにはなりえないことも理解しております。

だからこそ、弊社は弊社を選んでくれるお客様のために、自分たちの存在意義をかけて
全力でいいものを作りたいと思っています。

忘備録的に、書いてみたくなりました

あっついけど、今日もがんばります!!!

今日も良い一日をお過ごしください

応援クリック、よろしくお願いします

人気ブログランキングへ

コンペに勝つ!

弊社は、自分で言うのもなんですが、非常にコンペに強い会社です
特に社内報制作、パンフレット、広報誌などの紙媒体制作のコンペでは、かなりの勝率を誇っています

なぜか?

・150%の力でがんばっているから
・お客様のニーズを必死で汲み取ろうとしているから
・制作における強力なスペシャリティがあるから
・価値を生み出す独自性があるから
・ポジティブなエネルギーにあふれているから
・コスト面で優位にいるから

クイズみたいになってしまってすみませんが
どれが、みなさんのなかに、上記のなかでピンときたものはありましたか?
max16011542_TP_V
コンペに勝つということは、
ライバル会社を差し置いて、何かがお客様に届くということです

「いいものを作ってくれそうだ」
「他社事例もすばらしいし信頼できる」
「コストパフォーマンスがすばらしい」
「この会社なら担当の私のストレスが一番なさそう」
「情熱を感じた」
「一生懸命なところがよかった」
「プレゼンがよかった、わかりやすかった」
などなど

何が勝因なのか、何が刺さるのかはなかなか予測はできませんが
ともかく、何かが届いてライバルに対して差をつけられたということです

弊社にも、私にも
当然ではありますが、コンペでなかなか勝てない時代がありました

そのときに自分にあった言い訳 ↓
「あの競合が出てきたら、厳しい」
「コンペに注力する十分な時間がない」
「今回は自分たちの強みと相手のニーズとの相性が悪い」

ああ・・書いてていやになりますが、つい口からは上記みたいな言葉が漏れていました
かっこわるい・・・
と今は思います

何が変わったのか?
それはやはり、成功体験でした

もう何年も前、創業したての実績のない弊社になぜか舞い込んだ
大きな案件のコンペ参加依頼
ここを獲れば、すべてがうまくいく! 
そう確信に近いものがありました

もう死ぬ気でした
相手がどこだろうと関係ない
今まで1案件に注力してきたパワーが10だとすれば、200くらいはつぎ込みました
やれることは全部やって、いままで考えもしなかった工夫やアイデアもすべて盛り込んで
資料も練りに練って、自分たちでとことん納得いくまで作り込みました
プレゼンの練習も万全
コンペの当日はその場で拍手までいただきました

結果、圧勝でした。その場でほぼ確約をいただくような感じで
1時間後には決定の電話

スタッフ一同感動で涙を流しました

そこで得たものは何か?

「このくらいやれば、コンペで圧勝できる!!」

という経験でした
言い換えれば、「なんだ、このくらいやれば、獲れるのか!」
という自信でした

「じゃあやればいいじゃん!!」

一番の財産は、このマインドセットを獲得したことでした

最初に挙げた
・150%の力でがんばっているから
・お客様のニーズを必死で汲み取ろうとしているから
・制作における強力なスペシャリティがあるから
・価値を生み出す独自性があるから
・ポジティブなエネルギーにあふれているから
・コスト面で優位にいるから

このなかでどれが一番大事か?
それは、すべてです
この中に挙げられていない、改善の可能性のあるものもふくめてすべてです
仕事は、信頼は、実績は、やり切れば取れます

このマインドセットを築き上げて、そして繋げていくことが
成長だと思っています

今日も良い一日をお過ごしください

応援クリック、よろしくお願いします

人気ブログランキングへ

なぜ人生で、何度も同じような問題に出くわすのか?

パーソナリティ形成における心理学である特性論の研究者が語るところによると
人の性格の5割は、DNAによって決定される
ということである
さらに、残りの4割は与えられた条件(民族の文化、土地柄、親が金持ちか貧乏か、身長の高い低い、育ったところが都会か田舎か など)
で決められるという

・神経質であるか
・楽観的であるか
・調和的であるか
・思考が突飛であるか
・継続力があるか

それぞれがまるで、火災報知器の感度のように、DNAによってセットされ
その人のおおよその思考傾向が決まる
心配センサーが
過度にビービーなりすぎたり、大事なのに鳴らなかったり・・・
その設定、実は自分ではできないんです

さらに、前述の条件で、考え方や価値観などが植えつけられる
ちなみに身長の高い低いは、明確に年収との関連性があるというデータもあったりする
これだっていわばDNAによってもたらされるものであることを考えると結局はDNAなのだと言えなくもない

つまりは、人の思考、行動の選択、それによって切り拓かれる人生のほとんどは
「生まれ落ちた瞬間に決まっている」
といっても過言ではないのである
poso4

人が不公平なのは今にはじまったことではない
そして人は幸せになるために、前に進むのである

で・も!

上記のいわば先天的にセットされた思考、行動の選択傾向  
いわばマインドセットは、常にその人に同じような問題を引き起こす

例えば私を例にとれば
・物をよくなくす 
・〆切に追われる
・予期せぬトラブルに焦りまくる (妻に言わせると見てられないらしい)
・ネガティブとポジティブの落差があって自分でも疲れる

などなど・・・

友人なんか見ていると
・言い過ぎて人の気分を害する
・プライドがじゃまして聞くべきことを聞けない
・仕事が認められなくて、不機嫌になる
・二股がばれて修羅場!?!?

これらをすべて、DNAのせいだ! と片づけるのはどうかと思う部分もあるが
上記に照らし合わせれば、
DNAのせいなであったりもするのである!

ぶっちゃけると、今目の前にある諸問題は、ある意味あなたのせいじゃないんです♪
だから、ここで少し楽になってください

でも、そのツケをはらうのは自分自身であることには変わりません
だからなんとかしなきゃならない

そのためにはある、スイッチをいれなくてはなりません

それは、「意思」というスイッチです

自分がどうありたいか?
何をしたいか?
何をすべきなのか?

このことを、自分のなかでしっかり確認していつも意思している
じつは、これはDNAと育成環境の影響が及ばない唯一のエリアなのです

なかなか、この意思という部分、ふだんからしっかり気にしていないと
見えにくいうえに、すぐ忘れがちになるので、ハードだったりするのですが

人が、頭の奴隷、DNAの奴隷である状態から脱す唯一の方法だったりするのです

はい、では皆さん、まずはその意思を確認してみましょう・・・

息を吸って、吐いて・・・そのまま5分をそれを繰り返して、頭を空っぽにしてみましょう

それが終わった時、頭にあったキャッシュはすっきりと流されて、意思が見えやすくなっているはずです
1回でわからなかったら、何日か繰り返してみてください
いつか、必ず見えてきます!

今日も良い一日をお過ごしください

応援クリック、よろしくお願いします

人気ブログランキングへ

採用パンフレットとして社内報を活用する!?

当社は社内報の専門制作会社です
その流れで、お客様から採用パンフレットの作成を依頼されることもあります
それはもう張り切って作ります
イメージをヒアリングして、先輩社員をインタビューして、CIの理解に努めて
お客様の企業イメージにストライクなものを提案します
どこにも負けないものが創れたという自負もあります!!

ところがですね・・・・そのお客様からこんな話がありました
「ぶっちゃけ、社内報を渡したほうが、学生の印象全然いいんだよね」
「社内報のほうが、会社のことよくわかるって評判なんだよね」

ガーンでもあり、うれしくもあり・・・
ken4

でもちょっと考えると、「確かにそりゃそうだよな」となります

新卒の採用パンフレットは、どうしても「公式」のもの
多少の「ふざけ」は入っても、そこはどうしてもよそ行きの服を着て、挨拶をしているようなものです
学生側も、しっかりネクタイをしてメッセージを受け取ります
もっというと、固すぎてしっかり読まないかも・・・・

それに比べると、社内報は、普段着の「素」の姿をかなりさらけ出しています(弊社が作る社内報はとくにそうなります)
学生や中途採用の志望者にしてみたら、より「そこで働くイメージ」が湧きますよね
伝わりますよね、会社のリアルが

社内報を学生に渡していますという、お客様は今までもけっこういたんですが
今回は採用パンフレットを作ってその用途や効果をまざまざと見たので
思わずうなってしまいました
わかっていたはずなんですがね

かといって採用パンフレットを社内報のように、フランクに作りすぎてもそこはそれ
やはり使い分けですね

読んでいただいてありがとうございました。

応援クリック、よろしくお願いします

人気ブログランキングへ

息子(5歳)がいっちょまえにチョコレートを・・・

本日、バレンタインデーなり

息子を保育園に送っていった際
家族ぐるみで仲が良く、しかも息子のことを好いてくれているのが一目でわかる
ひとつ上の女の子のTちゃんが
息子がいなくなったのを見て、恥ずかしそうにこちらにやってくる

手にはアレ
「今日はバレンタインデーだから・・」とはにかみながら渡してくるTちゃん
かわいらしくて卒倒しそうになりました

5歳で初めてママ以外の女子からチョコレートをもらった息子
この先、いくつもらうのかわからんが
息子よ、今日のことを忘れるなよ!

いーなー・・・

先ほど妻が「じゃあちょっくらチョコ買ってくる」と駅前に出かけていきました

まあ、幸せです