社内報のリニューアル! どこから始める??

社内報のリニューアル

必ずリニューアルに至った理由というのはあるはずです

・いまいち読まれていない
・変わらないまま結構な年数が経った
・会社が一新するようなトピックがあってそれに合わせて

などなど、理由はきっとさまざまでしょう。

その対策として、ページ数を増やすとか、レイアウトを今風にするとか
業者を変えてコンペするとか、いろいろな手段を、皆さん(企業内社内報制作担当の方)は取れるはずです

でも、その前に前提として考えてほしいことがあります
それは、ターゲット設定です

皆さんの会社には、男性女性、そして各世代さまざまな方がいます
社内報はかなり公な感じのメディアですので、そのほとんどは
読者対象を全従業員としています

もちろんそれはそれでいいんですが
本当に「伝わる」社内報にしたいと思うなら
このあいまいな感じをそのままターゲットとしてはいけません!!
社内報の読者イメージは、あいまいではいけないのです!!!

例えば、皆さんがフリーペーパーを作るとして
ターゲットを
・20代から50代の男女 (社内報的設定) 
・30歳結婚前の一般的な企業に勤めている女性 

としたら、どちらが鋭敏なものができると思いますか?
どちらが具体的で、伝わるものになると思いますか?

いうまでもなく、後者です
そして、それは社内報だって同じなんです!

だからこその社内報における、ターゲット設定
大事なんです

私はここで実をとるターゲット設定の仕方を公開します
ズバリ!

ターゲットの年齢:社の平均年齢
性別:男性が多い会社なら男性 女性が多い会社なら女性

この層だけに「伝えよう」として作ってしまってOKです

そうすると、この世代や性別に当てはまらない層は読まないのではないか? 

大丈夫です!!! 
力強く断言します
それどころか、あいまいなターゲット設定のまま作るよりも、ずっと
伝わるものになるはずです。
読者の皆さんには例外なく「共感する力」があります
これは、具体的であればあるほど、強くなり、同じ会社の中心世代に向けて作られたものなら
確実にどの層にも伝わるものが出来上がります!

もし、社内報をリニューアル! ということになったら
この手法、考えてみてください

即効性、すごいですから!!

読んでくださってありがとうございます
今日は雪で大変ですが、どうかすばらしい一日をお過ごしください

応援クリック、よろしくお願いします

人気ブログランキングへ