仲間に恵まれていることに感謝

私の性格の一側面
よく言えば優しい
悪く言えば、煮え切らない、優柔不断

ビジネスの場面では、時として悪く働くこともあります

お客様にお願いしていた取材原稿や写真
スタッフに頼んでいた資料やレイアウト

コストもかけて手間もかけ、
しっかりやっていただいているにも関わらず
求めている水準に達していない場合

私は、
「じゃあ、これでなんとかしておきます!」
「とりあえず、これでOK!」
なんてつい言ってしまうことがたびたび・・・・・

でもこれ、ダメです

ベストを求める姿勢もぶれているし
ぶつかることを恐れた事なかれ主義でもあるし
やさしさでも何でもない・・・
スタッフやお客様の学びのすら奪っていることにもなる

でも・・・つい、地の性格から沁みついている反射のように
こういう返答をしてしまうこともがある

今回もある案件で似たような返信をしてしまいそうになった時
ずばっと指摘されました

おかげで、自覚が再度促され、気づきが進み、自分が成長できる
結果、お客様やスタッフのためにもなる

感謝!です

応援クリック、よろしくお願いします

人気ブログランキングへ

11/15(日) 今月もやります! 第十回ワークショップリライト

なかなかありそうでない、自分を分析する機会

性格テストなどででる結果をみてなんとなく納得するようなものではなく
知識とワークで、自身をきっちり俯瞰して見つめなおすことで
強みと才能を知る、あるいは再確認する
そしてその開花を妨げる己の頭の癖までを見抜く

そこに必ずや納得して帰ってもらうことを重視して行っております
ワークショップリライト
今回で9回目を数えます!

11/15 日曜日
新宿産業会館にて開催いたしますので
興味のあるかたは是非、ご参加くださいませ!!

ここまでご参加いただいた皆さまの感想を一部紹介いたします

————————————————————————-
●斬新だった。新しい切り口で考えるためのフレームが一つ加わった。興味深かった。
●ほかの参加者とのトークが、自分の人生の振り返りにもつながってとても有益だった。
●自身の取説をつくるのに最適だと思った。知ったことで「思考」の影響を抑えられると思う。
●自分の特性をわかったことで、その付き合い方、引き出し方もわかってくると思う。
●新しい視点! 俯瞰することで人生も仕事も簡単になることがよくわかった。
————————————————————————-

上記に挙げられているとおり、本ワークショップの視点、切り口は
新しいものであり、自らの人間性、思考パターン、人生を俯瞰して
そのハンドルを握りなおそうというものです

回数を重ね、凝縮リニューアルを繰り返し
内容もブラッシュアップされてきました

皆様の人生の発展への一助となることをお約束いたします

会場で、お会いできることを願っております

参加希望・詳細はコチラから!

ワークショショップ リライト(スタートアップ)のご案内

応援クリック、よろしくお願いします

人気ブログランキングへ

一人反省会

昨年から不定期で開催してきました
ワークショップリライトですが、7/4の土曜にその第七回目を開催いたしました

平たくいうと

・人の性格って、実はDNAによる影響がすっごいんですよ!
・自分で気付いていないアタマの癖(思考癖)って、相当厄介なんですよ!
・その辺をちょっと意識しだすと、仕事もプライベートも、良い方向に変わりだしますよ!!

ということをお伝えするワークショップなんですが
7回目にして、強烈な一人反省会をするはめになりました

特性5因子論などの、先天的、生まれ持った自分の型を探るために
まず座学として知識を伝えさせていただくんですが
どうやらこれが冗長すぎたようです

たしかに、自分が大学やら何やらで
途方もなく長く感じられた90分

おもしろいセミナーでも、集中がもつのってせいぜい30分程度

なのに、あたいったら・・・
ken1

やー、長く話すぎでした
人の話をきくのって疲れますもんね・・・・
完全に方向性を間違えたサービス精神
やっちまった・・・

ここでも挙がる、お客様目線というキーワード

そして、詳細はともかく
内容的にも改善点が浮き彫りになるわなるわ・・・・

さーこれから大変だ!
でもやりますよ、私は!

絶対いいものだと確信してるんで
やめるつもりはございません

次回開催は9月予定
内容一新、心構え一新、髪はフサフサにして(嘘)
ワークショップリライト、バージョンアップをお届けしたいと思います

未受講の方
ぜひ、遊びに来てくださいね

よろしくお願いします

応援クリック、よろしくお願いします

人気ブログランキングへ

ワークショップリライト 続編 開催いたしました!

昨日、私は講師を努めますワークショップリライト2 プレ 開催してまいりました
リライト
このワークショップのタイトルをつけるとき
リセットとか、リスタートとかいろいろ考えました
でも結局のところ、この「リライト」が一番しっくりきました

思考パターン、決断する際の頭のプログラム、考え方の癖、などを様々な方法で
情報化して、数値化して、全部きっちり理解して、俯瞰出来る状態にして
今までは半ば反射的にしていた選択に変化を加えてみよう

結果、半ば敷かれたレールのように定まっていた人生に、けっこう劇的な変化を起こせるようになりますよ!
というのがこのワークショップのコンセプトです

今回は、これまでやっていた特性5因子論ベースのものを超えて、次の段階ヘ進むための第二弾として
アーユルヴェーダや特性5因子論、ビジネス研修に使うようなメソッドなどもどんどん取り入れて
いわばいいとこ取りをしたプログラムで行いました

結果としてですが、手応え ありました!

対人(特に男と女) ←お前がそれ語るんかい!? というツッコミはなしで
子育て
人生の学びのポイント

などなど、普通のひとはまずもつことのない引き出しからの材料が提示できるので
かなり新鮮で、斬新で、退屈しない時間にすることができたんじゃないかと思います

まだまだ磨くべきポイントも見えて、これからさらに進化させたいと思いますが
上々のスタートを切れました

いつか皆さんにお会いできる日を楽しみに、さらにいいものにしていきたいと思います

またやるんで、ぜひ来てください!
応援クリック、よろしくお願いします

人気ブログランキングへ

言葉を正しく使うことの大切さ

私、よく「ズレる」とか「ブレる」という言葉を使います

この言葉本来の意味である
王道、本質から逸れている状態や行動に対して使う というわけでなく

例えば、躓いてしまった時、うっかりと忘れ物をしてしまった時、
ズバリ心に届く提案ができなかった時、風邪をひいてしまった時・・・・

ともかくなんでも、「あーずれてるな・・・」などと使ったりします
広義で、自分の状態が正しくない、という意味では合っているのですが

実際のところは躓いた時などは
足元をちゃんと見ていなかっただけです
忘れ物は、確認ができていないだけ
提案が刺さらなかったのは、相手のニーズを汲み取れていなかっただけ
風邪を引いたのは、健康管理ができていなかっただけ
なのです

でもこれを「ずれてる」の言葉一つで片付けてしまっていたら
足元に注意する、出かける前の確認、ニーズへの再思考、健康管理を再認識
できるチャンス(いわば成長機会)を逃してしまうことになりかねません

この「ずれている」というような言葉は、強く便利であるために多用しがちですが
自己の反省につながらないような使い方をしてしまっている場合は注意が必要です

こういう大きな言葉、じつはけっこう多いんです

poso4

言葉は細部まで正しく使いましょう
そうしてると、自然に「ズレなく」なるはずです♪

今日も読んでくださってありがとうございました

メリークリスマス!
ステキなイブを過ごしましょう!

応援クリック、よろしくお願いします

人気ブログランキングへ

第4回ワークショップリライト、無事開催いたしました

先の10月12日
4名の参加者を迎えて、第四回のワークショップリライト(スタートアップ)を開催いたしました
まだまだ改善ポイントなどはありますが、
公私問わず、生きていくうえで有意義な知恵と方法を伝える
ということは、やれてるぞ! と少しずつ思えるようになりました

いったい何をやっているのか? をかいつまんで書いてみます

人間の行動、選択を操っているのは脳です
極論的な言い方ですが、
人=脳 人格=脳です
で、このワークショップではこの脳、いわば人格に
DNAがどれほど影響を与えているのか!? 
というのを知ってもらい自己分析してもらいます

これをやると

人は 生まれつき 人生でどのくらい笑う時間があるのか決まっている
人は 生まれつき 人生でどのくらい不安にさいなまれる時間があるのか決まっている

この意味がわかります

で、ワークショップの名前にのあるリライト
意味は、
書き直す、書き換える

自分の思考のソフトがわかったら、書き換えが可能になってくるのです
まあ、そこは簡単じゃないですが、マインドセットを丸ごと改めていくのはちょっと快感です♪

そんなワークショップやっています

ここまではこそっとやってきましたが、回を重ねてきて内容もかなりよくなってきました
不定期開催も改め、月一回を目指していきたいと思います
告知でーす
というわけで、改めて告知です♪

ご案内は詳細はコチラ

応援クリックも、よろしくお願いします

人気ブログランキングへ

日々精進!!

久しぶりの更新となってしまいました

おかげさまで、忙しくさせていただいておりまして・・・
そうなると途端に、こういうブログとかを疎かにする傾向が
私にはあります

朝メールを見て、タスク整理をして、いつの間にか11時・・・までやることが盛りだくさん
「ああ、もう明日明日!」の連続であっという間に数週間未更新。

特に、必ず毎日更新!
などと意志を固めているわけでもないのですが、もうちょっと書きたい!という気持ちは常に有ります
優先順位の付け方とか、時間の使い方、決意、ブログ自体のブランディングが明確でなかったりもするのですが
結局のところ、自分の「しつけ」がなってないからだと思います

毎日必ず更新している友人がいます
私の仕事上でも重要な人物で、彼からもブログの重要性、活用方法などの教えを賜り
実体験と行動を伴っている言葉なので、とても重さがあります

彼は絶対に更新を怠りません
元々「継続が得意」という稀有な属性をもった人物ではあるのですが
自分自身への「しつけ」を徹底してできているんだと思います

自分自身をしつけられるということは、自分の行動をコントロールできるということです
それは人生すらも思いどおりに作っていけるということになります

人生を創る
その大元となるのは頭と心(マインドセットとハート)、次が「行動」です
行動を変えるのが「しつけ」です

だから敢えて、自分をしつける意味で、多忙の最中に今日コレを書いてみました

さあ、キビキビ動くぞお!!!

読んでくださってありがとうございました

応援クリックも、よろしくお願いします

人気ブログランキングへ

性格は”生まれつき”決まっている!?

突然ですが、火災報知機について考えてみてください
火事になった時に「ビーーー!」と鳴って教えてくれるアレのことです

この火災報知機に起こりうるエラー
二通りあります

・火事じゃないのに、ビーーーとなる
・火事の時に鳴らない

前者は、その都度ビクッとなり迷惑ですが、まあ命に関わるものじゃありません
かたや、後者はそうなってしまったら死んでしまう深刻なエラー

皆さんは、どちらのタイプ?
しょっちゅう鳴るのは迷惑だから低めにセット
それとも火事の時に鳴らないのはシャレにならないので高めにセット

では、この火災の部分を、心配として置き換えてみてください
心配報知器というわけです

家出る時、鍵締めたっけ?
あの人、気を悪くしちゃったかも?
最近体調悪いけど、深刻な病気かもしれない・・・?
仕事でミスをしてしまったけど、後々響いてしまうかもしれない・・・?

大小さまざま、いろいろ心配な事ってあります
わき起こってくる度に不安になったり、行動が止まったり
しかも、そのほとんどは杞憂に終わる・・・
火災報知機の誤報のエラーと同じで迷惑なもの
過度な心配性の人は、この心配ブザーがひっきりなしに鳴っちゃっているわけです

この心配報知器の感度、じつは

生・ま・れ・つ・き

遺伝なんです

石器時代のようなえらい昔、この心配探知機の感度が低い人は
危険を察知できず、木陰に隠れていた猛獣に襲われて落命していたかもしれません
逆に感度が高い人は、心配の種に埋もれて肝心な時に行動できずに残念な結果になっていたかもしれません
こうした祖先から受け継がれてきた遺伝子により、
生まれつき設定されているのです

これが高いのか低いのかを気にしても、あまり建設的じゃありません

大事なのは、この心配報知器の感度を自分で知ることです

ただ心配に右往左往したり、楽観的すぎてやらかしたりするのをどうにかしましょう!

日本人は相対的に、この感度が高い人が多いです
楽に~、楽に~
告知でーす
そんな知らない自分を知る手助けになるワークショップリライト
パワーアップして、9月に開催致します!
興味の有る方はぜひご参加くださいませ! 詳細はコチラ

応援クリックも、よろしくお願いします

人気ブログランキングへ

ジャネーの法則 ~年をとると時間が早い!?~

気付けば、季節は完全に夏
2014年も半分が過ぎ去りました

早いなー、って思いますか?
私は、この「早いなー」を、自分自身で要注意の言葉と捉えています

そうはいっても、まあまあな年齢になると、
1年があっという間、みたいに感じることってありますよね

これ、実はジャネーの法則というものらしいんです

ウィキペディアより引用 
------------------
ジャネーの法則
ジャネーの法則(ジャネーのほうそく)は、19世紀のフランスの哲学者・ポール・ジャネが発案し、甥の心理学者・ピエール・ジャネの著書[1]において紹介された[2]法則。主観的に記憶される年月の長さは年少者にはより長く、年長者にはより短く評価されるという現象を心理学的に説明した。
簡単に言えば生涯のある時期における時間の心理的長さは年齢の逆数に比例する(年齢に反比例する)。
例えば、50歳の人間にとって1年の長さは人生の50分の1ほどであるが、5歳の人間にとっては5分の1に相当する。よって、50歳の人間にとっての10年間は5歳の人間にとっての1年間に当たり、5歳の人間の1日が50歳の人間の10日に当たることになる。
------------------
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%8D%E3%83%BC%E3%81%AE%E6%B3%95%E5%89%87

なるほどー! とは思うんです
でも、
じゃあ、もうおっさん(おばさん)だし、時が立つのは早くて当然なんだ、
と、納得してしまうのは、私は嫌なんです
皆さんも嫌じゃないですか?
というのも

体感的に長く感じるような単調な1日を積み重ねての1年、
は、あっという間かもしれませんが

気づいたら夕方になっているような集中した時間に満ちた1日をつなげての1年、
は、あっという間という感想にはならないと思うからです

もうえらい昔の話になっちゃいますが
私、二十歳になった時に、「もう二十歳かよ」って思ったんですよね
漠然と危機感を感じました
集中して生きていないから、そう感じてしまったんだなって

以来、この「早いなー」は私にとっては、要注意の言葉になりました
漫然と時間を過ごしてきてしまったからこそ、ででしまう言葉なわけですからね

皆さんの2014年の半分は、どうでしたか?

私はけっこう充実した半年だったと簡易総括しています

残り半年、2014年が終わるころ、
「濃い1年だった!」「成長できた1年だった」「進化しまくった1年だった」
というためにも、さらに精進邁進します!
ken5
楽しく顔晴りましょう!!

応援クリック、していただけたらうれしいです

人気ブログランキングへ

「しつけ」とは行動を変えること。行動を変えるとは人生を変えること。

久しぶりの更新となってしまいました

おかげさまで、忙しくさせていただいておりまして・・・
そうなると途端に、こういうブログとかを疎かにする傾向が
私にはあります

朝メールを見て、タスク整理をして、いつの間にか11時・・・までやることが盛りだくさん
「ああ、もう明日明日!」の連続であっという間に数週間未更新。

特に、必ず毎日更新!などと意志を固めているわけでもないので 
いいっちゃいいのかもしれませんが、
優先順位の付け方とか、時間の使い方、決意、ブログ自体のブランディングが明確でなかったりもするのですが
結局のところ、自分の「しつけ」がなってないからだと思います

毎日必ず更新している友人がいます
私の仕事上でも重要な人物で、彼からもブログの重要性、活用方法などの教えを賜り
実体験と行動を伴っている言葉なので、とても納得感があります

彼は絶対に更新を怠りません
元々「継続が得意」という稀有な属性をもった人物ではあるのですが
自分自身への「しつけ」を徹底してできているんだと思います

自分自身をしつけられるということは、自分の行動をコントロールできることです
それは人生の制御にもつながってきます

人生を創る、その大元は頭と心(マインドセットとハート)です
その次にあるのが「行動」です
そして、行動を変えるのが「しつけ」です

だから敢えて、自分をしつける意味で、多忙の最中に今日コレを書いてみました

もう完全に、自分自身の忘備録ですね

良い1日を・・・(もう夕方ですが)
すごい入道雲が出ています
写真

夏ですねえ♪

応援クリック、していただけたらうれしいです

人気ブログランキングへ