採用パンフレットとして社内報を活用する!?

当社は社内報の専門制作会社です
その流れで、お客様から採用パンフレットの作成を依頼されることもあります
それはもう張り切って作ります
イメージをヒアリングして、先輩社員をインタビューして、CIの理解に努めて
お客様の企業イメージにストライクなものを提案します
どこにも負けないものが創れたという自負もあります!!

ところがですね・・・・そのお客様からこんな話がありました
「ぶっちゃけ、社内報を渡したほうが、学生の印象全然いいんだよね」
「社内報のほうが、会社のことよくわかるって評判なんだよね」

ガーンでもあり、うれしくもあり・・・
ken4

でもちょっと考えると、「確かにそりゃそうだよな」となります

新卒の採用パンフレットは、どうしても「公式」のもの
多少の「ふざけ」は入っても、そこはどうしてもよそ行きの服を着て、挨拶をしているようなものです
学生側も、しっかりネクタイをしてメッセージを受け取ります
もっというと、固すぎてしっかり読まないかも・・・・

それに比べると、社内報は、普段着の「素」の姿をかなりさらけ出しています(弊社が作る社内報はとくにそうなります)
学生や中途採用の志望者にしてみたら、より「そこで働くイメージ」が湧きますよね
伝わりますよね、会社のリアルが

社内報を学生に渡していますという、お客様は今までもけっこういたんですが
今回は採用パンフレットを作ってその用途や効果をまざまざと見たので
思わずうなってしまいました
わかっていたはずなんですがね

かといって採用パンフレットを社内報のように、フランクに作りすぎてもそこはそれ
やはり使い分けですね

読んでいただいてありがとうございました。

応援クリック、よろしくお願いします

人気ブログランキングへ

息子(5歳)がいっちょまえにチョコレートを・・・

本日、バレンタインデーなり

息子を保育園に送っていった際
家族ぐるみで仲が良く、しかも息子のことを好いてくれているのが一目でわかる
ひとつ上の女の子のTちゃんが
息子がいなくなったのを見て、恥ずかしそうにこちらにやってくる

手にはアレ
「今日はバレンタインデーだから・・」とはにかみながら渡してくるTちゃん
かわいらしくて卒倒しそうになりました

5歳で初めてママ以外の女子からチョコレートをもらった息子
この先、いくつもらうのかわからんが
息子よ、今日のことを忘れるなよ!

いーなー・・・

先ほど妻が「じゃあちょっくらチョコ買ってくる」と駅前に出かけていきました

まあ、幸せです

社内報における発行目的について

とあるきっかけがあったので、今日は社内報制作会社の人間がこんなこといってもいいのか!? 
というようなことを書いてみようと思います
テーマは社内報の発行目的です

かつて、このブログで、あるいはほかの媒体で
さらには営業の場面で、私はこう言っていました

社内報の発行目的は、それを制作会社なども含めた、制作チーム全員に共有しておくことが大事です。
ぶれない誌面であり続けるために、あるいは迷ったときなどに立ち返るために。
そのためにも経営課題や会社の内情を踏まえた、最適な発行目的を設定しておきましょう!

一定の説得力はありますね。けっこう社内報制作側の人間も、なんとなくこんなふうに思い込んでいるふしすらあります
実際ほかの社内報制作会社のウェブサイトなどを見ても、けっこう似たようなことが書いてあります

でもですね・・・・

この発行目的、その内容や設定のしかたによっては毒にしかならなくなります
例えば、「理念を伝える」、という発行目的にした場合
チームはつねにこの発行目的に立ち返るので、その結果
いっつも理念のことを、あの手この手でこねくり回して伝える社内報に寄っていきます
読者だって読まなくなります

社内報担当者ならお分かりと思いますが
社内報で扱いたいテーマ、課題は極めて流動的です

新入社員が入ってくれば、彼らをきっちり紹介して、いかに先輩との距離を近づけるために記事をつくるべきです
中期計画の最終年であれば、達成のためにすべきことを考えるようなページも必要になります
社長が変わったのなら、その人となりを伝える役割を、社内報は極めて有効に担えます

こうしたテーマを、例えば前述の「理念を伝える」という軸で作ったら、変化の幅のすくないものになるのは自明です
ここで私の結論を言うと
社内報の発行目的は、具体性をもってはいけないんです!!

だからある意味、発行目的は、企業理念的に考えるとうまくマッチしてきます
企業理念って、多種多様でいろいろですが、どれもこれもシンプルで明快でポジティブですよね
そして複雑なことは書いていない
その存在のあり方、社会に対する姿勢、企業の魂はそこにあるけど、具体性はない

率直に言います

社内報の発行目的は、「会社をよくする」
くらいでいいんです。

もしかしたら創刊の時に何らかの課題や目的があって、そのために社内報を・・
となった場合もあるかもしれませんが
その時の目的をずっと持っていると、無駄な縛りになっちゃうんです

じゃあ目的もなく作るのかといったら、それは全然違う話
各号にテーマ(これも言葉を変えた発行目的ですね)は、自然とあるはずです
ここをしっかり、それこそメンバーで共有して取り組んでみてください

・新入社員をいち早く会社に溶け込ませる!
・会社の交流を刺激させて、部署での飲み会を開催させる
・結果をだした従業員の取り組みとマインドを共有させて刺激を与える

それはその時その時の課題に応じて、流動的に変化するものですから

今回のまとめ
【社内報発行目的の設定での注意ポイント】
・具体的にしない
・永続的なものにしない(いつでも変えられるものにする)
・シンプル&ポジティブ
・その代わり、各号にテーマを持たせる
・半年、1年などと期間を限定しての発行目的は有効

以上です

読んでくださってありがとうございます!

応援クリック、よろしくお願いします

人気ブログランキングへ

社内報の価値を定義する

今日は弊社の中心的な事業である社内報について思うことを書いてみます

そのきっかけは先日訪問した会社で、問い合わせの理由をきいたところ
「経費節減のために、さまざまな業者に相談しております」

よくある話でよくある理由なのですが、
私が「それは経費にみあった価値のあるものができていないのでは?」
と返し、突っ込んだ話になりました
最後は大いに納得していただいたのですが、そこで中心になったテーマは社内報の価値についてでした

あらためて、社内報の価値とは何か?

私たちは一貫して、
「社内報の価値は読まれることから始まる」、と定義しています
だからどんなに内容が立派でも、どれだけ真実を語っていても
ある意味で価値はないと申し伝えます
だって読まれなければ、訴求そのものがなされないんですから

ところが、社内報というメディアは、その特性上
体裁やデザイン、斬新性は後回しにされ、理念や会社の風土という枠組みの中で
「きれいに」作られてきたものがとても多いのです

はっきり言います
それは、社内報の価値という観点でみれば
「悪」です
なぜなら、読者はそうした社内報に期待をしなくなるからです
そこにワクワクがないからです

だからこそ、体裁やデザイン、斬新性が重視されてしかるべきなのです

もちろん、それは副次的なことであります
あくまで大事なのは発行目的です
ただ、その提示の仕方が変わるということです

理念を伝えたいなら、理念のことを正直に書き連ねるのではなく
理念を実践できている部署のことを楽しくかっこよく紹介する

新しい中計を解説したいなら、経営企画がつくった資料をアレンジするのではなく
新入社員に突撃取材させたりする

そうすれば発行目的をしっかり実現しつつ、読まれるものになっていくはずです

最近、そうした意図をもった会社が確実に増えてきています
こう言ってはなんですが、私たちに風が吹いてきています♪

短くて、軽くて、カッコいい!
それでいてしっかり読まれて、伝わる社内報

そんな社内報が一つ作れると、私たちは自身をちょっと誇らしく思えます
1月の納品ラッシュが終わりちょっと一息
poso4

春は新入社員の紹介がありますね
どうやっておもしろく紹介するか、考えるのが楽しみです

応援クリック、よろしくお願いします

人気ブログランキングへ

【期間限定】社内報無料診断実施いたします

お知らせ

当社では、2016年11月中に限り、お申込みいただきましたお客様の社内報、社内制作物の無料診断を行います
評定については社内報専門家が行なうもので
その評価方法、方式は、こちらのフォーマットに準じたもので行います

ご希望の方は下記アドレス
リンク
http://www.communications-inn.co.jp/contact.html

から、社内報診断をクリックしてお問合せ下さいませ
順次、必要事項を返信にてお知らせいたします

5歳児の認識

先日、5歳になったばかりの長男が風邪をこじらせ
けっこうな気管支炎になってしまいました

非常に激しく咳き込み、つらそうな長男
すぐにクリニックに行き、いくつかの薬を処方してもらいました

そのうちの一つが、いわゆる吸引タイプの喘息治療薬でした
img_0

↑いわゆるこういうやつです

で、息をふーーっと吐いて、一気に吸い込むんだよ

と長男に伝えてみても、なかなかできないんです
ふーーーっと吐くしかできないんです

つまり「吸う」がわからない 
認識できないんです

水の中にいる魚が水を認識できない
みたいなものなんでしょうかね

当たり前にしすぎていることだから、それとわからない

その時は、息子になんとか薬を採らせないと! という思いで必死でしたが
のちほど、このことは妻とも話しました

人は、当たり前になりすぎたことほど認識できないんだよねー

もうこびりついてしまうほどに癖になった思考パターンとか考え方
慣れすぎてしまった環境

なんかいろいろある気がしました

代表的なのは両親とか家族への感謝なんかもそうかもしれません
ken2
阿部敏郎さんという方がこんなブログを書いていました
http://abetoshiro.ti-da.net/e8886355.html

今生まれた!!!

1日で一回でもいいので、こういう気持ちになれたら、気づくこと、感謝することとかが増えそうですね

今日も良い1日を!

マインドセットとは何か? 3行で要約してみる  パート2

大分昔に書いた、

  • 「マインドセットとは何か? 3行でまとめると」
  • という記事が検索によくかかり
    このブログにお越しいただいている方が非常に多いんです

    そこで、今回はあらためて
    マインドセットとは? 3行でまとめると パート2

    を書いてみようと思います

    マインドセットとは、
    頭の中を整理せず、リラックスせず、というような状態の時に
    反射的に起こってしまう思考の癖

    です

    たいていの人は、たいていの時間、頭の中なんて整理されておらず
    現代人であるがゆえに、リラックスしているような状態ではありません

    つまり、マインドセット全開、頭の癖全開で
    ・生きています
    ・判断しています
    ・選択しています
    ・決定しています

    いうなれば、人生を無自覚に作ってしまっています

    これ、怖いですよね
    コントロールされていない、自分の思考、マインドセットの元で
    どんどん人生が作られていることを考えると

    だからですね
    知っておくべきなんです
    自分のマインドセット的ばものとは何なのかを

    ●レッスン1♪

    まずは考えてみましょう
    自分というキャラクター
    この世の中で仕事をし、社会に貢献し価値を発揮していく
    その強みとは何か? 好きなことは何か? やりたいことは何か?






    ここで出てきたもの、浮かび上がってきたもの
    おおよそですが、それはあなたの人生のミッションに近いものです

    で、これは変えられません
    というか、変える必要がありません
    ガンガン磨いて突き進んで下さい

    ●レッスン2♪
    次に、上記の自分というキャラクターを貫いていくなかで
    背中を押してくれる、あるいは阻害する自分の性格、習慣、思考パターン、は何か?
    考えてみてください

    これがマインドセットの正体です(というと語弊もあるような気がするので、数日したら書き換えてるかもしれませんが(;´・ω・))

    家族至上主義、とか
    趣味にかける時間は妥協しない、とか
    外出が好き、とか
    思いを言葉にするのが得意、苦手、とか
    周囲の目が気になる、ならない、とか

    書き出すときりがなくなりますが、ともかくいろいろあります
    これは、実はアタマだけの影響ではなくて、
    身体全体、骨とか神経とか、遺伝とか、そういうの含めてこまかーく影響されてシナジーを与えまくって
    形成されているものなんです

    しかも、これも
    基本的には変えられないものなんです

    人生、生まれたときにあらかた決まってしまっている、というのは事実なんでうs
    生活環境とか、両親がお金持ちかとか、そういう問題ではなくて
    性格、性質、マインドセットの部分においてです

    でも、安心してください! 
    これは、コントロールできるんです

    というか、しなきゃならないんです
    じゃないと、頭の奴隷として人生を生きてしまうからです

    では改めてマインドセットを3行でまとめてみます

    マインドセットとは、人生をつくるアタマの癖である。
    ミッション遂行の上で、これをプラスに働かせるために
    これらの特質を自らよく学んでおくといいですよ♪

    ということになります

    勢いでここまで書き進めてしまいましたが、
    推敲せずいったんアップしちゃいます

    もっと細かく、じゃあマインドセットってどんなものがあるの? という話は
    またゆっくり、ゆーーーーーーっくり書いていきたいと思います

    ただ、巷間言われているような、ポジティブだ、ネガティブだ、というような区分けは本当は必要ではなく
    「個性」として考えるほうが正解だと思っています

    読んでくださってありがとうございました!

    感謝!です

    応援クリック、よろしくお願いします

    人気ブログランキングへ

    突然のぼやき

    久しぶりのブログは超私事、ヘアスタイルの話です

    実はわたくし、会社のプロフィール写真でもそうであるように
    ずーーーっと、坊主頭でした

    20代後半から
    微妙に拡大するおでこ
    力強さを徐々に失う前髪
    その結果
    とても繊細なヘアスタイルを要求され(当時は独身)
    そんな後ろ向きな格闘を2~3年続けていました
    ついに
    「全部刈ってしまえ!」
    の衝動にとらわれ始めたのが15年前
    廉価な床屋さんで、刈っちゃってください! とお願いした結果

    「おお、意外と生え際健闘してるじゃないか!」

    が当時の感想でした
    以来、おでこと生え際との陣地争奪戦、いわばDNAとの戦いを気にすることをやめ
    のうのうとヘアスタイルへ注力パワーを他事にまわし、建設的に生きてきたのですが

    わけあって、再び髪を伸ばすことになったのです
    数か月伸ばして、15年ぶりにいった美容院
    そこで五郎丸ばりのベリーベリーショートにしてイメチェンをはかってみました

    その自分での感想は
    「おおおおお! 思ってたよりずっと髪が残っている!」
    でした
    いわば、禿じゃなくて、ちょっとおでこが広い人のカテゴリーに入るレベルと自己認識(審査甘め)

    そう思ってさっそうといろいろな人に会うと、
    お世辞もあるんでしょうが、けっこうな好印象、好感触♪

    でもその中に、突然噴き出す人とかもちらほら

    あまりにちょいちょいそういう反応の人がいるんで
    ちょっと問い詰めたところ

    完璧に植毛を疑われていました

    「植毛しましたよね」と面と向かって聴く人は、まあ世の中にそうはいません
    故に、「私が植毛した」と思いつつ、それを胸に秘めて私とのコミュニケーションをやり過ごした方も
    相当するいると推察しています

    誤解です!!!!!!!

    本当に誤解です!!!!!

    私は本当に、意外と髪が残っていただけです!!!!!

    この場を借りて誤解を解かせてください

    仲間に恵まれていることに感謝

    私の性格の一側面
    よく言えば優しい
    悪く言えば、煮え切らない、優柔不断

    ビジネスの場面では、時として悪く働くこともあります

    お客様にお願いしていた取材原稿や写真
    スタッフに頼んでいた資料やレイアウト

    コストもかけて手間もかけ、
    しっかりやっていただいているにも関わらず
    求めている水準に達していない場合

    私は、
    「じゃあ、これでなんとかしておきます!」
    「とりあえず、これでOK!」
    なんてつい言ってしまうことがたびたび・・・・・

    でもこれ、ダメです

    ベストを求める姿勢もぶれているし
    ぶつかることを恐れた事なかれ主義でもあるし
    やさしさでも何でもない・・・
    スタッフやお客様の学びのすら奪っていることにもなる

    でも・・・つい、地の性格から沁みついている反射のように
    こういう返答をしてしまうこともがある

    今回もある案件で似たような返信をしてしまいそうになった時
    ずばっと指摘されました

    おかげで、自覚が再度促され、気づきが進み、自分が成長できる
    結果、お客様やスタッフのためにもなる

    感謝!です

    応援クリック、よろしくお願いします

    人気ブログランキングへ

    11/15(日) 今月もやります! 第十回ワークショップリライト

    なかなかありそうでない、自分を分析する機会

    性格テストなどででる結果をみてなんとなく納得するようなものではなく
    知識とワークで、自身をきっちり俯瞰して見つめなおすことで
    強みと才能を知る、あるいは再確認する
    そしてその開花を妨げる己の頭の癖までを見抜く

    そこに必ずや納得して帰ってもらうことを重視して行っております
    ワークショップリライト
    今回で9回目を数えます!

    11/15 日曜日
    新宿産業会館にて開催いたしますので
    興味のあるかたは是非、ご参加くださいませ!!

    ここまでご参加いただいた皆さまの感想を一部紹介いたします

    ————————————————————————-
    ●斬新だった。新しい切り口で考えるためのフレームが一つ加わった。興味深かった。
    ●ほかの参加者とのトークが、自分の人生の振り返りにもつながってとても有益だった。
    ●自身の取説をつくるのに最適だと思った。知ったことで「思考」の影響を抑えられると思う。
    ●自分の特性をわかったことで、その付き合い方、引き出し方もわかってくると思う。
    ●新しい視点! 俯瞰することで人生も仕事も簡単になることがよくわかった。
    ————————————————————————-

    上記に挙げられているとおり、本ワークショップの視点、切り口は
    新しいものであり、自らの人間性、思考パターン、人生を俯瞰して
    そのハンドルを握りなおそうというものです

    回数を重ね、凝縮リニューアルを繰り返し
    内容もブラッシュアップされてきました

    皆様の人生の発展への一助となることをお約束いたします

    会場で、お会いできることを願っております

    参加希望・詳細はコチラから!

    http://communications-inn.co.jp/blog/%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%97%E3%80%80%E3%83%AA%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%88

    応援クリック、よろしくお願いします

    人気ブログランキングへ