【季節別】社内報のネタに使えるテーマ8選!    

スタッフの提言

【季節別】社内報のネタに使えるテーマ8選!

2022年05月02日

【季節別】社内報のネタに使えるテーマ8選!

社内報のネタに困った時は、季節ネタを活用してみましょう。

季節ネタは、社員の興味関心を引き出しやすいテーマですので、

「読まれない・・・」

という悩みも解決しやすくなります。

さらには従業員の投稿にまで持っていくことも狙えます。

双方向コミュニケーションにもつながってきますので、ネタページは大事です!

 

この記事では、季節ネタとして使える代表的なテーマをいくつか紹介していきます。

 

 

社内報で使える春の季節ネタ

では早速、春に使える季節ネタについて詳しく見ていきましょう。

 

新卒採用特集

春は新入社員が入ってくる時期です。

・何人の社員を採用したのか

・どのような社員が入ってきたのか(新入社員特集など)

ということをテーマとして取り上げることによって、既存社員の興味や関心を引き出しやすくなりますし、新入社員の顔や特徴を覚えるきっかけにもなります。

 

中には、

「新入社員が新入社員を紹介する」

というリレー形式を採用している企業もあります。

このようなユニークな視点を交えることによって、より読者の興味関心を引き出しやすくなるでしょう。

 

新生活アイテム特集

春は新生活が始まる季節でもあります。

・新入社員

・転勤する社員

に向けて、新生活であると便利なアイテム特集を組んでみましょう。

 

この時に、

・テレワークであると便利なアイテム

・生活の質を高めるのに役立つアイテム

など、日常生活や仕事に繋がる便利グッズを紹介することで、より有益な情報を届けられるようになります。

 

 

社内報で使える夏の季節ネタ

では次に、社内報で使える夏の季節ネタをいくつか紹介していきます。

 

クールビズ特集

5月~6月はクールビズの季節です。

とはいえ、

「どこまで自由な服装が認められるんだろう」

という疑問を抱えている社員もたくさんいます。

 

このような社員に向けて、クールビズ特集を組んでみるのもおすすめです。

・クールビズのマナー

・正しく、オシャレに着こなす方法

などをテーマとして取り上げることによって、興味関心を引き出せるようになるでしょう。

 

夏季休暇の過ごし方特集

8月は、社員全員が楽しみにしている「夏休み」の時期です。

「今年の夏休みはどこに行こうかな」

と考えている社員もたくさんいるでしょう。

 

このような社員に向けて、

・おすすめの旅行地

・夏休みのおすすめの過ごし方

・夏休みにやってはいけない過ごし方

などを特集として組むことによって、社員のモチベーションを向上させられるようになります。

 

 

社内報で使える秋の季節ネタ

では次に、社内報で使える秋の季節ネタについて詳しく見ていきましょう。

 

防災対策特集

91日は防災の日です。

これにちなんで、防災対策特集を組んでみるのも良いでしょう。

例えば、

・我が家の防災対策グッズ

・絶対に揃えておくべき防災グッズ

というようなテーマを掘り下げていくことにより、社員の防災意識を高められるようになります。

災害というのはいつ発生するかわかりませんので、事前に情報共有を行っておきましょう。

 

スポーツの秋特集

スポーツの秋にちなんで、スポーツ特集を組んでみるというのもおすすめです。

ただ、メジャーなスポーツを紹介してしまうと、社員に興味関心を持ってもらえなくなる可能性がありますので、あえてマイナースポーツを取り上げてみましょう

 

日本に入ってきていないスポーツ、競技人口が少ないスポーツを取り上げることによって、社員の興味関心が高まり、読了率を高められるようになるはずです。

そして、社員にこの手のスポーツをやっている方を探してみるのも一手です。

情報提供にも積極的になってくれる可能性が高く、一度こういう記事がでたことで、社内で他の人から手が上がることも考えられます。

マイナースポーツがきっかけになって、変な趣味特集にまで発展したある事例もありますので、けっこう効果的なんです!

 

 

社内報で使える冬の季節ネタ

最後に、社内報で使える冬の季節ネタについて詳しく解説していきます。

 

大掃除特集

年末に向けて、大掃除特集を組んでみるというのもおすすめです。

・大掃除の重要性

・大掃除のコツ

について気になっている社員は多くいますが、自らネットで大掃除について検索をする社員は意外と少ないです。

 

社内報で大掃除について取り上げることにより、社員の興味関心を引き出しやすくなるでしょう。

 

私のチャレンジ特集

1年の締めくくりということで、「私のチャレンジ特集」を組んでみるのもおすすめです。

1年の目標を達成した社員にインタビューを行い、

・どのような目標を立てたのか

・目標を達成するために頑張ったことは何か

・挫折しそうになったことはあるか

というような内容を記事にしていきます。

 

このような特集を組むことで、他の社員のモチベーションを高めやすくなりますので、会社全体としての士気も高められるようになるでしょう。

 

感謝を伝える企画

ある社内報は、年末の固定企画、「感謝を送る」ことをテーマにした固定企画があります。感謝を送りたい人に、勝手に賞の名前をつけて(あんたが大賞、根回し感謝で賞、愚痴聴いてくれて助かったで賞 などなど)、勝手に表彰してしまう企画です。驚くなかれ、この企画の社内での応募総数は、毎年全社員の2割近くが送ってくるそうです。会社に感謝があふれるきっかけを、まさに社内報がつくっている好事例です。

 

 

まとめ

社内報のネタに困ったら、季節ネタを取り上げてみましょう。

季節に沿ったネタを取り上げることにより、社員の興味や関心を引き出しやすくなり、尚且つ有益な情報を届けられる可能性が高くなります。

今回紹介したテーマはほんの一例となり、まだまだたくさんの季節ネタが存在していますので、読み手が興味関心を持ちそうなテーマを探っていくと良いでしょう。

「本当に読み手に取って有益な社内報になっているのか?」

という不安を抱えている方は、社内報制作を専門とする「株式会社コミュニケーションズ・イン」までお問い合わせださいませ!

 

 

TOPIC!! 社内広報に関する専門のコミュニティを発足します!

社内報、社内イベント、社内ブランディング、風土づくり、

理念浸透、社内を変える様々な取り組みに向かう皆様を包括的に応援し、

仲間同士の情報交換などを行える、コミュニティを年内に立ち上げます。

営業色はゼロ! 入会退会などの面倒もゼロ!

お気軽に参加いただける、有益なコミュニティを目指します!

社内広報専門コミュニティ 開設準備室 説明や事前登録はコチラ!

 

お願い

もし皆さんが、社内報担当者であれば、

以下のアンケートを一問だけお答えくださいませ。

さりげなく、私たちが一番知りたいことです。

よろしくお願いいたします

アンケートボタン

The following two tabs change content below.
けんたろうおおしろ

けんたろうおおしろ

沖縄生まれのライター兼編集者。新宿三丁目を庭として、時にはシェイカーまで振っている。
けんたろうおおしろ

最新記事 by けんたろうおおしろ (全て見る)