無料テンプレートを使って社内報や広報誌を制作する際のポイント    

スタッフの提言

無料テンプレートを使って社内報や広報誌を制作する際のポイント

2021年11月11日

社内報とグーグルの検索窓に入れると、

テンプレートという関連キーワードが最初のほうに出てきます

今やチラシ、会社案内などに加え、

社内報や広報誌までもがテンプレートで作れる時代になってきました

そこで今回、社内報専門制作会社である私たちも、

いわゆる無料テンプレートを競合相手として研究してみました

自分たちを上げるつもりもなく、テンプレートを下げるつもりもなく、

公平かつ、実際にテンプレートを使って誌面を作ろうという方に

きっちり役に立つ記事を書いてみたいと思います

 

――テンプレートとはなんぞ?

釈迦に説法かもですが、パワーポイントやワード、エクセル、

場合によってはインデザインなどのレイアウトソフトなどを軸にした

雛形のことを指します

給与計算や家計簿、各種送信状などに加え、

今やレイアウトの必要性のあるものまで

さまざまなサイトで準備されています

 

 

テンプレートイメージ

 

無料テンプレート活用の際に意識したいこと

――テンプレートを使うメリット

 

基本無料

これに尽きます。伝えたい内容がシンプルな場合、

パワーポイントやワード、エクセルなどをある程度自在に使えるなら

もはや高いお金を払ってデザイナーに依頼する必要がないくらい

パターンはあふれています

コツさえつかめてしまえば、

ダウンロードした瞬間から制作に入ることが可能で

スピーディーで安い(というか無料がほとんど)ので、

経費削減にはもってこいです

 

――テンプレートを使うデメリット

 

伝えたい内容がしっかりご自身で整理されており、

さらに写真や図表等も簡易なものがあれば

ぺらといわれる、A4サイズ程度のチラシや、

簡単な2つ折り程度の会社案内制作なら

もうデメリットといえるものはないかもしれません(・・・溜息)

ただし、継続して発行するもの、

ある程度ボリュームのページ数(弊社の考えでは8P以上)

読者にある程度信頼感を持たせたい、

精読率を誌面の工夫で高めたい

などの狙いがあると

テンプレートだけでの実現は難しくなってくるケースもでてきます

 

――ここまでのまとめ

 

要は、制作物に求めるクオリティによって、

無料のテンプレートでいけるか、外注の必要があるか、の判断が必要になる

という、至極当たり前の結論がでてきてしまうわけですが

近年のテンプレート事情を見るに、その無料のテンプレートでいける幅が

確実に伸びてきていることは間違いありません

もし私がどこかの会社の営業販売、広告戦略などの担当で、

かつ多少の編集スキル(本当に多少でいい)を持っているならば

ほとんどの媒体は、テンプレートでつくって、これはという時のみ

外注を使うことにしていると思います

こうすることによって自身の媒体の知見が上がるので、

外注する制作会社にもかなりしっかりとした注文が付けられ

制作物の質もあがることと推察します

ただし、この場合は経費は抑えられますが、時間はきっちり奪われます

 

では、社内報をテンプレートで作れるのか?

やっと本題です

社内報をテンプレートで作ろうとした場合どうか?

ですが、これはまあ、なんというか、申し訳ないんですが

先ほどの当たり前の結論と同じで、

制作物に求めるクオリティによって、

無料のテンプレートでいけるか、外注の必要があるか、の判断が必要になる

です・・・・すみません

A3を縦につかって、壁新聞などのイメージに近い

●●新聞とかで、にぎやかな誌面を作ったり

見開き4Pの誌面程度で、きっちり社内事情や決まった視点からの定点情報を

伝える程度であれば、これはもうテンプレートで十分です

 

でも、ある程度の社員規模になってくると

伝えたいこと、つまり発行目的のレベルもあがってきます

そうなると、企画や見せ方、文章の制作など

各方面に質の高いタスクが求められてきます

そうなると必然的に、求めるデザインの質も上がるので

常に同じテイストになってしまうテンプレートの限界はあります

 

が、そうでもないサイトが一つありました

社内報|A4おしゃれなテンプレート(無料)の作成見本

 

ここは、ワードやパワーポイントといった

常備されているようなソフトを利用するのではなく

レイアウトアプリそのものを供給し、印刷を依頼してもらう

というサイトになります

さすがにこのアプリを利用して作った版下を、ほかの印刷会社に

依頼することはできないようで、

そこはプリントパックなどの格安オンラインはできない仕様です

ですが、ちょっと見ただけですが、レイアウトの水準は

パワーポイントやワードでできる限界を軽く超えており

パターンも相当あるようなので、質の高いレイアウトで

継続的に発行をしてくことが可能です

企画、テキスト制作、撮影などは

自力でなんとかすることになりますが(大変ですが・・・)

無料でここまで供給されてるのは、すごいことだと思います

 

他に社内報でギリ使えそうなテンプレートがあるところ

パワポン

「Askul」が運営する無料デザインテンプレートサイトで、いろいろな冊子向けのテンプレートがあります。ほのぼの感があるものが多く、スタイリッシュではないものの(そもそもパワーポイントでは限界があります)、使い勝手はよさそうです。登録などがいらないのも好印象。

 

ピクスタ

写真素材探しで、弊社も使うことの多い「PIXTA」のサイトです。会員登録が必要となります。硬軟両面にデザインが充実しており、作りやすそうなものが多いです。パワーポイント中心となっているようです。

 

マイクロソフトテンプレート

マイクロソフトの公式テンプレートで、ともかくいろいろなシーンに対応しており種類が豊富。とはいいつつ、社内報や広報誌にそのまま使えるのはさほど数はありません。使い方の周知など、非常に丁寧につくられています。

 

おかげさまで私も無事、テンプレートサイトウォッチャーとなることができました

随時面白そうなところがあったら、更新してみようと思います!

 

最後のまとめ

こうしてテンプレートサイトをしばし眺めてきたわけですが、ぱっと見レベルでは十分に通用するレイアウトもありました。1年間に4冊だすくらいなら、これを流用して色だけ変えたり写真を季節感あるものにするなどして、ちょっとしたものは制作し続けていくことは十分に可能だと思います。

ただやはり、どうしたってレイアウトが固定されてしまう以上、企画の柔軟性などは制限がかかり、せっかく入った新人の面白い紹介とか、社長の熱量とか、営業の芳しい成果とか、そういう表現というものに関しては制限がかかってしまうのは否めません

とはいえ、皆さんのマンパワー以外、経費をほぼほぼ無料に近いレベルで作れるというのは、新型コロナウイルスの蔓延で先行きの見えない情勢のなかでは、非常に堅実な選択なのではないかとも思っています

理念共有や、モチベーションアップ! というような課題から逆算した発行目的などがあるわけではなく、「ちょっと社員を元気にしたい」というくらいの気持ちで作られるそんな社内報は、私としても、すごく応援したい気持ちです

津々浦々の社内報担当者の皆様、ぜひがんばってください

皆さんの会社を盛り上げて、一人でも幸せに働く人を増やしましょう!

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました

お礼といってはなんですが、無料テンプレートでいろいろ苦労されている方に対して

弊社の企画無料相談を承ります。一社につき一回のみ、30分ほど、オンラインで承ります。

ちなみにここで営業的な話を一切しないこと、誓約いたしますので、社内報のプロの企画を除いてみたい

と思われた方は、下記の問い合わせから、備考欄にテンプレートの企画相談

とお書き添えのうえ、お申込みくださいませ

お問い合わせ

 

 

トピック!

社内報、社内イベント、社内ブランディング、風土づくり、

理念浸透、社内を変える様々な取り組みに向かう皆様を包括的に応援し、

仲間同士の情報交換などを行える、コミュニティを年内に立ち上げます。

営業色はゼロ! 入会退会などの面倒もゼロ!

お気軽に参加いただける、有益なコミュニティを目指します!

社内広報専門コミュニティ 開設準備室 説明や事前登録はコチラ!

 

お願い

もし皆さんが、社内報担当者であれば、

以下のアンケートを一問だけお答えくださいませ。

さりげなく、私たちが一番知りたいことです。

よろしくお願いいたします

アンケートボタン

The following two tabs change content below.
アバター

けん

編集者から社内報制作プランナーへ。そして人々が幸せに働く組織変革を行う会社起業。バラバラの人生がすべてつながり、得がたい人脈を得て、今株式会社コミュニケーションズ・インを経営しています。人生は一度、最高の挑戦にワクワクしながら仕事をしています!