会社が成功するマインドセットを築く | 株式会社コミュニケーションズ・イン    

スタッフの提言

会社が成功するマインドセットを築く

2013年12月20日

会社組織が大きくなると当然ながら、従業員にも役割分担が求められます

 

作る人
売る人
お金をみる人
会社をうまく回す人
宣伝する人

 

さらには
夢を描く人
ビジョンを作る人
全部まとめて先頭を走る人
などなど
人財としてそこにいる以上、すべてが必要で大事な存在です

 

ただひとつ、組織として発展してくために
そこに集う人間が有しているべき
とても大事なポイントがあると私は思っています

 

それは何か?

 

企業理念やビジョン?

 

-確かに必要ですが、そういう上位概念ではなく、普段の姿勢です

 

コンプライアンス?



-社会人として意識するべきものですが、ここでの答えは態度みたいなものです

 

ポジティブ思考?

 

-これも大事ですね。でも思考の在り方ではなく、姿勢のようなものです

 

答えは「売る姿勢」です

 

会社というのは、製品なりサービスなりといった「価値」と生み出して
その対価を得て存在しているものです
だったらその価値を発揮するために、全社で営業思考に徹する、というのは
ごくごく自然な話

 

「価値を提供すること」に、全社一丸で取り組んでいること

 

会社に所属するすべての人財がそこにいる理由はこのためです
これは、本当は企業理念やクレドを導入する以前の問題であるべきです
が! 実に、従業員にこの意識が低くて悩まれている経営者が多いのです

 

人財が、人材ですらなくなり
人在(あるだけの人)、人罪(マイナスをもたらす人)になっている状況

 

そんな人があなたの会社にいたら、この言葉について考えてもらいましょう

 

「お前の為にチームがあるんじゃねぇ チームの為にお前がいるんだ!!」

 

スラムダンクの安西先生の言葉です
100も200も意味がこもった素晴らしい言葉です


「会社のためにあなたがいる。あなたは会社にとって必要な人財でなければならない」

 

ここをそれては、会社にも、働く人にも幸せは訪れません
本末転倒になり、どこにも行けない状況を産んでしまうからです

 

この話、次回も続けさせてください

 

今日も読んでくださってありがとうございました!

 

応援してくれると嬉しいです
よろしくお願いいたします

人気ブログランキングへ

The following two tabs change content below.
アバター

高橋 健

編集者から社内報制作プランナーへ。そして人々が幸せに働く組織変革を行う会社起業。バラバラの人生がすべてつながり、得がたい人脈を得て、今株式会社コミュニケーションズ・インを経営しています。人生は一度、最高の挑戦にワクワクしながら仕事をしています!