お客さまは神様です、という言葉の真意 | 株式会社コミュニケーションズ・イン    

スタッフの提言

お客さまは神様です、という言葉の真意

2013年12月11日

お客さまは神様です

 

この言葉の真意をご存知ですか?

 

生みの親は、昭和を代表する演歌歌手の三波春夫氏
クレーマーの常套句のような使われ方をするこの言葉を見て
生前から困惑していたようです

 

インタビューなどで語っていたこの言葉の本当の意味はこちら

 

歌う時に私は、あたかも神前で祈るときのように、雑念を払って、
心をまっさらにしなければ完璧な藝をお見せすることはできないのです。
ですから、お客様を神様とみて、歌を唄うのです。
また、演者にとってお客様を歓ばせるということは絶対条件です。
だからお客様は絶対者、神様なのです

(引用:三波春夫オフィシャルウェブサイト

 

私にとってはものすごく響く言葉でした
仕事に対する臨み方を再考させられました

 

自分のベストを尽くし完璧なクオリティを提供するために
お客さまを神さまと考える


これで行ってみましょう!

 

今日も読んでいただきありがとうございました

 

応援してくれると嬉しいです
よろしくお願いいたします

人気ブログランキングへ

The following two tabs change content below.
アバター

高橋 健

編集者から社内報制作プランナーへ。そして人々が幸せに働く組織変革を行う会社起業。バラバラの人生がすべてつながり、得がたい人脈を得て、今株式会社コミュニケーションズ・インを経営しています。人生は一度、最高の挑戦にワクワクしながら仕事をしています!