社長はスーパーマンであるべき | 株式会社コミュニケーションズ・イン    

スタッフの提言

社長はスーパーマンであるべき

2013年10月28日

まず、社長はスーパーマンであるべき


問題のあるところすべてに顔を出し解決へ導き
悩む従業員がいれば行ってその悩みを解消し
従業員が働きやすい環境を作り出し
自らがニーズのあるお客さまを探し
どこよりも優れたサービスを開発し提供できる体制を整え
対価に応じた報酬をもらい、そして払う

 

あらゆる問題はすべて社長の責任
これはできるできないではなく、意志と意識の問題である

 

そして経営者として、この覚悟、考え、決意は
力強く従業員に伝えるべきである

 

企業理念に落としこんでもいい
朝礼でダイレクトに発信するのもいい
整理して伝えたいというなら社内報も有効だ
伝えるためだけに研修や合宿を行う価値もある

 

まず、伝えよう
会社のエンジンはここにある
伝えないわけにはいかない

 

スーパーマン宣言!

 

リソースは要りません
決意と覚悟だけの大変リーズナブルな組織改善のツールです

 

今日も応援をいただけると幸いです!

The following two tabs change content below.
アバター

高橋 健

編集者から社内報制作プランナーへ。そして人々が幸せに働く組織変革を行う会社起業。バラバラの人生がすべてつながり、得がたい人脈を得て、今株式会社コミュニケーションズ・インを経営しています。人生は一度、最高の挑戦にワクワクしながら仕事をしています!