言葉をわかりやすくすると何が変わるのか? | 株式会社コミュニケーションズ・イン    

スタッフの提言

言葉をわかりやすくすると何が変わるのか?

2013年10月11日

例えば美容室
こんな宣伝文句があったとします

 

「私たちはお客さまがリラックスできる空間づくりに尽力しています」



ありそうな文句ですよね
別に可も無く不可も無く・・・問題ないような気がする

 

でも、この文句、果たして心に残りますか?
行ってみたくなりますか?

 

じゃあ例えばこんな文句を足したらどうでしょう?

 

こだわりの椅子は、スタッフ全員で家具店に出向き、最高のものを見つけてきました
また、紅茶マニアのスタッフが選んだ当店の紅茶は専門店クラスのおいしさです
私たちはお客さまがリラックスできる空間づくりに尽力しています

 

文章はちょっと長くなっちゃいましたが、具体性と説得力が増しました
どんなスペースなのか、イメージわきますよね?
ちょっと行ってみたくなりませんか?

 

言葉をわかりやすくすると何が変わるのか?

 

それは「伝わる速度」です

 

見て、読んで、
・それがなんなのか?
・自分のニーズにマッチするのか?
・いいものなのか?
・他となにが違うのか?

 

そんな情報が相手に伝わる速度が変わるんです

 

これはとても大事なことです
広告でもチラシでもウェブサイトでも
お客さまが読んでくれる、見てくれるなんて実際ほんの一瞬
その一瞬で判断するのに使われる材料が文章です
伝わる速度が速いか遅いか
売上に、実績に、そのまま表れてくる大きな要素です

 

これはやり方や狙いは変わりますが
広告でも、記事でも同じです
ついでにいえば、企業理念でもクレドでも同じことが言えます

 

記事でもキャッチでも
入稿前の文章、今一度チェックしてみましょう

 

その言葉が本当に人々に刺さるように

 

今日も読んでいただき、ありがとうございました!!!

 

応援クリック、よろしくお願いします


The following two tabs change content below.
アバター

高橋 健

編集者から社内報制作プランナーへ。そして人々が幸せに働く組織変革を行う会社起業。バラバラの人生がすべてつながり、得がたい人脈を得て、今株式会社コミュニケーションズ・インを経営しています。人生は一度、最高の挑戦にワクワクしながら仕事をしています!