中小企業にブランディングは必要か? | 株式会社コミュニケーションズ・イン    

スタッフの提言

中小企業にブランディングは必要か?

2013年09月17日

件名にある、この問いですが、このお題に入る前に
ブランディングって何?
をもうちょっと明確にする必要があります

 

ブランド=お客さまが他社の同じような商品やサービスに比べて、その会社・団体のものに対して区別してもつ概念
です
噛み砕いて言うと、A社のサービスって「これこれこうだよね」と言われる時の
この「 」の中の言葉がまさにブランドです

 

ルイ・ヴィトンには、完璧な品質と洗練されたコンセプトがあります
魚沼産コシヒカリは、モチモチ食感と冷めても美味しいみずみずしさがあります
リッツカールトンのサービスは、上品で気さくで顧客思いの気遣いであふれています

 

でも実はこれらって、概念でもイメージでもないですよね
それぞれの、本質的な姿です


つまり!
ブランドとは、外部の人間がもつイメージ=偽らざる真実の姿なんです

 

そして、ブランディングとは、そのブランドを形成してくこととなります

 

でも、ここで多くの企業が誤解していることがあります
それは、ブランディングには2つの階層があるということです

 

ひとつは、その誇れるべき真実の姿を第三者に広く伝えていくこと
もう一つは、その誇れる真実の姿になる努力をしていくこと

 

中身が2流の会社が1流っぽく広告を打ってもすぐにバレます
その場合は、中身を一流にすることが先決なんです
ましてや、CIを導入して企業ロゴを変えて、場合によっては社名も変えて・・などは目先も目先の話
本質を変えずしてブランドは成り立たないのです

 

中小企業にブランディングは必要か?

 

答えは中小企業だからこそ! 必要です

 

めざす真実の姿になるべく努力をしていく



一流になるというこのフェーズこそが、実はブランディングなのです

 

弊社の取り組みは、この一朝一夕では成り立たないブランドを
企業理念、メディア、人材の3方向から同時に押し上げ
最短距離で成立させようというものです
ぜひウェブサイトを御覧ください
中を見るだけでも、御社の参考になる事柄があるはずです!
http://www.communications-inn.co.jp/index.html

 

今日も読んでくださってありがとうございました
ついでに、応援をいただけると幸いです!

The following two tabs change content below.
アバター

高橋 健

編集者から社内報制作プランナーへ。そして人々が幸せに働く組織変革を行う会社起業。バラバラの人生がすべてつながり、得がたい人脈を得て、今株式会社コミュニケーションズ・インを経営しています。人生は一度、最高の挑戦にワクワクしながら仕事をしています!