生きる企業理念 形骸化する企業理念 | 株式会社コミュニケーションズ・イン    

スタッフの提言

生きる企業理念 形骸化する企業理念

2013年06月26日

ほこりの被った額に入っている・・・

 

という形容を、企業理念にすることがあります
当然、あまり経営に生かされていないということになります

 

いろいろな企業がさまざまな理念を掲げています
短かったり、長かったり、わかりやすかったり、英語だったり

 

弊社では、理念策定と浸透支援を業務に据えています
そのなかで、建前的に「企業理念の形式は自由で制限はありません」と言っています
が、実際は話の中で、簡潔でわかりやすいものを勧めることになります

 

なぜなら、その理念策定の目的のほとんどが
・従業員がいつでも戻れる拠り所となる指針となる
・すべてのステークホルダーに対しての存在理由を示すものとなる
・ etc
となるからです。

 

その目的を果たすには、掲げた理念が小難しかったり、長大なものである必要はありません

 

シンプル イズ ベスト

 

これに尽きます
では、そのシンプルな中に、何を言語化して落としこむのか?
ここが理念策定の骨子中の骨子になります

 

明日に続きます

The following two tabs change content below.
アバター

高橋 健

編集者から社内報制作プランナーへ。そして人々が幸せに働く組織変革を行う会社起業。バラバラの人生がすべてつながり、得がたい人脈を得て、今株式会社コミュニケーションズ・インを経営しています。人生は一度、最高の挑戦にワクワクしながら仕事をしています!