会社が成功するマインドセットを築く

会社組織が大きくなると当然ながら、従業員にも役割分担が求められます

作る人
売る人
お金をみる人
会社をうまく回す人
宣伝する人

さらには
夢を描く人
ビジョンを作る人
全部まとめて先頭を走る人
などなど
人財としてそこにいる以上、すべてが必要で大事な存在です

ただひとつ、組織として発展してくために
そこに集う人間が有しているべき
とても大事なポイントがあると私は思っています

それは何か?

企業理念やビジョン?

-確かに必要ですが、そういう上位概念ではなく、普段の姿勢です

コンプライアンス?

-社会人として意識するべきものですが、ここでの答えは態度みたいなものです

ポジティブ思考?

-これも大事ですね。でも思考の在り方ではなく、姿勢のようなものです

答えは「売る姿勢」です

会社というのは、製品なりサービスなりといった「価値」と生み出して
その対価を得て存在しているものです
だったらその価値を発揮するために、全社で営業思考に徹する、というのは
ごくごく自然な話

「価値を提供すること」に、全社一丸で取り組んでいること

会社に所属するすべての人財がそこにいる理由はこのためです
これは、本当は企業理念やクレドを導入する以前の問題であるべきです
が! 実に、従業員にこの意識が低くて悩まれている経営者が多いのです

人財が、人材ですらなくなり
人在(あるだけの人)、人罪(マイナスをもたらす人)になっている状況

そんな人があなたの会社にいたら、この言葉について考えてもらいましょう

「お前の為にチームがあるんじゃねぇ チームの為にお前がいるんだ!!」

スラムダンクの安西先生の言葉です
100も200も意味がこもった素晴らしい言葉です
poso1
「会社のためにあなたがいる。あなたは会社にとって必要な人財でなければならない」

ここをそれては、会社にも、働く人にも幸せは訪れません
本末転倒になり、どこにも行けない状況を産んでしまうからです

この話、次回も続けさせてください

今日も読んでくださってありがとうございました!

応援してくれると嬉しいです
よろしくお願いいたします

人気ブログランキングへ

ブランディングにもPRにも使える超有益手法、ストーリーテリング

ブランドとは=お客さまがもつイメージ=嘘偽りのない真実の姿
ブランディングとは、まずは、イメージされたい姿そのものになることから始まるもの

というのが弊社の考え方です

たとえば
高い技術をでリーズナブルに提供する会社だと思われるには、まずはそうなること
最高のおもてなしを提供するホテルだと思われるには、まずはそうなること

全部ここからはじまるわけです

とは言いつつ、と同時に会社として自社のPRはしていかなければなりません

その最高の成功例の一つがゴールドスタンダードでお馴染みのリッツカールトンです

その手法はストーリーテリングです
文字そのまま、自社の物語を語っていくというやり方です

論より証拠
まずはその例を御覧ください

ザ・リッツ・カールトン・ボストンコモン

あるお客様がドアマンに、その日魚釣りにでかけたところ、90 Kgのキハダマグロを釣った、とおっしゃいました。そのお客様は、車の中のクーラーボックスに魚を入れているので、氷をもう少しもらえないかとドアマンにお尋ねになりました。

ドアマンは即座に、求められたこと以上の助けを申し出ました。お客様の許可をいただいた上で、アシスタント・フロントデスク・マネージャーに協力を仰いで、クーラーボックスをキッチンに移動させ、料理長がそのお客様のために魚をさばいたのでした。魚をさばいて、切り分けることは、その魚の大きさから言って、簡単な作業ではありませんでした。

料理長はさらに、そのお客様のクーラーボックスを洗い、お客様が自宅にお持ち帰りできるように、魚の切り身を氷の中に並べました。みごとにさばかれたマグロは、お客様がご自宅に戻られるとすぐに料理ができるようになっていました。お客様はこのご経験にとても「感激」されたのでした。同ホテルは、余分な氷が欲しいという簡単なご依頼を受け、お客様に必要なことは何かを察することで、期待を上回る対応を行いました。

もう一つ

ザ・リッツ・カールトン・ゴルフリゾート・ネイプルス

1月の小雨の降る寒い土曜日に、同ホテルの2人の技術者が、女の子のグループが1階の大階段で遊んでおり、廊下を走り回っていることに気付きました。2人はエンジニアリング部に戻り、明らかに元気に溢れ、外の天気に飽き飽きしたゲストに何ができるかを話し始めました。そこでボールルームに室内サッカー場を設けることにし、チームのために「リッツカールトン・ネイプルスの公式サッカーチーム」というカードまで作成しました。実はこれはぴったりのアイディアでした。というのも、女の子たちはマイアミサッカーチームのメンバーで、トーナメントのためにその町に滞在していたのでした。女の子たちは、大好きなゲームをプレイできることに大喜びでした。
その日の夕方が終わるころには、ご兄弟姉妹やご両親も参加されました。ご両親たちは技術者のクリエイティブで思慮に溢れた行為に非常に驚かれました。

リッツカールトンのウェブサイトから引用しています

上記のページには、こうした物語がいくつもいくつもリッツには語り継がれています
リッツの質を示す、非常にわかりやすく、リッツに行くとすばらしい経験ができるかもしれない
とワクワクさせてしまう力があふれています
ここまでくると、後は外部の人間が勝手に取り上げてPRしてくれるわけですね

特筆すべきは、この物語はほかならぬリッツの従業員に大して大きな効果があるのです
自分たちのサービスを高めていくための挟持として、ゴールドスタンダードと寄り添って
彼らの働きに大きな影響を与えてくるのです

つまり、リッツは社会に対してはもちろん
中のブランディングをより高めていくことも
このストーリーテリングによって果たしてしまっているのです

自社における物語
会社の魂が込められたエピソード
作ってみてはいかがでしょう?

外にも中にも使える、とても優れたブランディングツールになりえますよ

このストーリーテリングの事例、実はどこかしこにあふれています
けっこう良い事例があるので、また機会があれば紹介させてください

今日も読んでいただき、ありがとうございました

応援クリックも、ぽちっとよろしくお願いします
poso5

テレビが売れない、車が売れない・・・。なぜか?を完全に私的に考えてみた(少々誇大妄想)

テレビが売れない

よく聞くニュースです
ついでに、車も今ひとつ売れない
ともに、財界人が政府に強烈に働きかけて
エコポイントや減税などのピントがずれてるとしか思えない助成を出させて
かろうじて大やけどをやけどになる程度の売上しか上がらない

なぜか?

経済成長が止まったからです

なんじゃそら?当たり前だろが! という前にもう少々お付き合いください
経済成長ってなんぞ、というところを考えてみたんです

経済成長のためには、人、モノ、金が必要
でも、当たり前ですが地球の資源は有限
つまり、みんなが経済成長すると地球はもたないということです

ちなみに、ロサンゼルスみたいな膨大な消費を行う都市が世界中にできたら
地球が5個ないと回らないそうです

そのロサンゼルス。典型的な車社会の都市です
なんでこんな大都市が車社会なのか?ということですが、
これは別にロスの市民が望んで車社会になったわけではありません
アメリカの自動車会社が鉄道会社を買収して鉄道をあえて不便なものにしてしまったからです
そして、道路をどんどん整備して車にとても便利な街にしたんです
都市構造自体を、車中心に書き換える・・・
「車っていいですよー」じゃなくて、「車がないと生活できないよ」というふうにしたんです

怖っ!! と思いますが、これ私たちの身の回りにも当たり前のようにあります
たとえば、携帯電話、パソコン
必要不必要を語る前に、前線で仕事をしていく際にはないと話にならないレベルです

これらも、最初はお金持ちや本当に興味のある人だけが買っていたはずです(たかだか十数年前です)
それがあっという間に、「なければ困る」まで来てしまいました
結局何が言いたいのかというと、
これらを買えない人たちは、買うために努力して働かなければならないという構造に世界中がなってしまうということです
ほかにも新型の洗濯機や掃除機、ECOな車、日々新しいものは提供され続けています。
新しいテクノロジー、便利な道具。それらがなければ幸せじゃない・・・。
ほしい!必要! と思ってもらう。さらには、「なければ困る」にする(場合によっては強引にしてしまう By ビル・◯イツ)
好きな言葉ではありませんが・・、「搾取の構図」ってやつです

これが経済成長の仕組みです

もちろん! 良い物を作って世の中に提供する。この事はすばらしいことです!
特に日本はものづくり立国。新しいもの、素晴らしいもの、未来に役立つものを作ることが
もはや存在理由ですらあります。
欧米が押し付けるトレンドのなかで、いつでもしなやかに新しいものを作りづつけて輝く日本は
とんでもないポテンシャルをもった国だとつくづく思います。
でも、この間ヨドバシカメラで、ソニーの4Kテレビを見て思ってしまったんです
「すごいけど・・・これはいらないわ」と

日本は、同時に世界は、経済成長をし続ける前提で社会を構成してきました
南米を発展させ、アジアを発展させ、そして今度はアフリカを発展させながらです(発展=搾取?)

経済が成長して国が豊かになるということはすばらしいことでもあります
寿命も伸びて人生を楽しめます
教育も受けられて、安全も確保しやすくなります
その一方で
自殺者は毎年3万人以上
心の病気にかかる人は数百万人
経済成長が作り出した世の中は、こういう側面もあるのです

つまり、経済成長とは
必ずしも豊かさや幸せを運んでくるものではない・・・
要は、資本主義を支えるためだけの方程式でしかないのです

そして冒頭に戻ります
その経済成長が止まったんです

ここからは、私の超主観的な意見です。暴論かもしれません
経済成長が止まったということは、少子高齢化だったりグローバル化の失敗だったり、世界不況だったりが原因なのかもしれませんが

私は豊かさの定義が変わったということだと思っています
よくいわれる多様性というやつです
物質と方程式がもたらす豊かさと、個人個人の選択のバランスがついに逆転したゆえのゼロ成長だと思うのです
世界がロサンゼルス化することは、地球環境的にまかり通りません
だからこそ、人々が本能的に、あるいは理知的に選択した結果のゼロ成長なんではないかと・・・

当然、このパラダイムシフトにそって、日本の企業もその基軸を改めていく必要があります
4Kテレビを「なくては困る化」する戦略ではなく、
この多様性を見つめて自分たちが発揮できる価値を再構築する時代だと思っています

私たちは、「組織に祭りを起こす」をスローガンに、組織改革を理念の策定と浸透、社内メディアの活用、人財育成を軸に行う会社です
その根源的な目的は、働く人の幸せ、そこから起こる企業価値の向上です
そのなかでつくづく思うことがあります
それは
企業の存在理由が正しくないと、祭りは起こせない
ということです
人が盛り上がらないからです
世の中が支持しなくなっているからです

再構築のチャンスです
業態に行き詰まりがあれば、それはチャンスです
自社のブランドを見直すチャンスです

21世紀の今日
中世なら100年かけて起こった進化が1日にして起こるような速度をもった時代です
だからこそ、今! 行動を起こしましょう!

というわけで、月曜日からまとまりのない長文を打ってしまいましたが、ここまで読んでいただいた方
ありがとうございました!!!
ついでに、応援をいただけると幸いです!
poso5

なお、21世紀型の理念構築のプロフェッショナル
株式会社コミュニケーションズ・インのウェブサイトは
ココをクリック 

「ルール」を「ツール」にして使いこなす

昔からルールといえば

・守らなければならない決まり事
・交通法規的な面倒なもの
・集団が円滑に動いていくためのルーティン

こんなイメージでした
学校の校則みたいなものですね
守らないと罰則があるので仕方がなく守るもの

EX:
白い靴に白い靴下を着用すべし
poso4
学校側には意味はあるんでしょうけど、生徒的にはまるで納得していない
ルールを守っても、何があるのかまったく見えないからです
「学生は学生らしく!」などと言われても、
学生らしいって何??? と普通の10代の跳ねっ返りなら思います
それを守れと言われても・・・・

ルール=意味は見えないけど守らなければならないもの

結局こうなります
けっこうこのイメージの人はまだ多いんじゃないでしょうか

でもこれが、半年で10キロ痩せよう!!としている人が
・朝はヨーグルトだけ!
・間食はできるだけしない。我慢できない時は3日に一度くらいなら小さいおやつはOK
・お酒を飲んだら翌二日間は昼食を節制
・夕食は19:30までに終わらせる
といったようなルールをつくったとします

これって
ルール=意味のある守るべきもの
ですよね? 
たまには破っちゃったりするかもですが、がんばって守りますよね

ルールを守ることに意味がある、成果がある、となれば
人は意味不明の校則への取り組みとは、180度反転して真面目にルールを守ります

会社における
企業理念、クレド、行動規範、指針、スローガン・・・
これらも全部一緒です

適切な意味が示され、腹落ちしていれば、全従業員迷わずルールを守っていけるんです
だから、企業理念などは、その組織設立と同時に備わる最強のリソースなのです!!

額に入れて埃をかぶせている場合じゃありませんよ!
ぜひ、有効活用してください

本日も読んでくださってありがとうございました!
応援もよろしくお願いします♪

従業員の9割が「働けてうれしい!」という会社になるために (注:自社PRです)

「この会社で働いていてよかった」

と、口にする従業員
・その人がすごい好きな仕事だから
・報酬、勤務環境など個人のニーズにピッタリ
そういう理由なら、どんな会社にもポツポツいるでしょう

でもこの言葉を、9割以上の従業員が口にする会社となればどうでしょう?
個人のニーズだけでは無理な数字ですよね

従業員に自社を圧倒的に支持してもらう

そのために、絶対に、ぜーーーーったいに必要なものがあります
さて、それはなんでしょう?

答えは、「正しい仕事と環境」です

なんじゃそら? と思われちゃったらごめんなさい

・サービスなり製品なりが、社会に正しく価値を提供していること
・従業員の労働に対して、正しく報いていること
・間違っても、社会的道義に反するようなことはしていないこと

要は、その会社が正しく存在しているかどうかだけです
これだけです
ここがちゃんとしてるなら、どんな会社でも、全従業員が幸せを感じる会社になれるんです

そして、そのために私たちがいます
企業理念、社内報メディア、評価制度、研修・・・
これらはすべてその実現のための有効なツールです

軽い気持ちで問い合わせてみてください
必ずグッドなおみやげを持参します(ヨックモックを持ってくとかではなく、役に立つってことですよ!)

というわけで、今回は自社のことを話させていただきました

読んでくださってありがとうございました
poso5
最後に応援よろしくお願いします♪

人気ブログランキングへ

昔の「和」の意味は、今と全然違っていた

聖徳太子の十七条憲法、その一条の最初にある
「和ともって貴しとなす、・・・」

「仲良くすることが一番」と一般的には思われていますが
太子の言っている「和」の意味はまるで違います

この序文で始まる十七条憲法の第一条。この全文をざっとまとめると

人は利害でゴリ押ししたり仲間をつくったりと、まともに話し合わないからそういうのはやめよう
ちゃんと現状をみて、原因と結果を考えて対処し、話し合うなら物事はちゃんと道理に収まっていくのである

もっと意訳すると

徒党とか、派閥とか、根回しとか、そういうくだらないことしてないで
正々堂々問題を直視し、一番いい解決法を是々非々しながら探っていこうぜ!

政治家に言ってやりたいですよね・・・

ただ、今の日本人の基本的な姿勢もやはり似たようなもの
「カドを立てずに仲良くする」
この奥ゆかしさは、もはや文化なのかもしれません

でもですね
主張をせず、その場に合わせて長いものに巻かれ続けてるのって
本当に「仲良し」なんでしょうか?
その長いものが、ろくでもなかったりしますし、
挙句には活断層の上に危険な原発を建てたりしてるわけです

また、本気で議論をするためには、
相互のRESPECTと信頼が必要です
意地悪く言えば議論をしないということは、信頼関係がないってことです
これって、やっぱり「仲良し」じゃないですよ

1+1を2ではなく、3にも4にも10にもする
それが「和」の力にあふれた組織です
そして、お互いを信頼し、主張し、受け入れ合って進んでいける、
プラスのエネルギーがあふれる状態が「和」です

もう、おとなしくしている必要はありません
遠慮せず、ガンガンと是々非々して
本当の「和」を作って行きませんか!!

----PRタイム----
弊社が行う「和の達人」研修
この「和」を生み出す人財を育てるための研修です
皆さまの組織に必ず約に立てると確信しておりますので
ぜひ、導入をご検討ください
------------

そして本日も応援していただければ幸いです
poso5

人気ブログランキングへ
今日も読んでくださって、ありがとうございました!

企業理念は魔法の言葉 (生きる企業理念、形骸化する企業理念5)

おはようございます

空模様ははっきりしない日が続きますが、さすがに7月
完全に夏ですね

今日の最高気温は28度だそうです。なので幸い、まだまだ過ごしやすそう
というわけで、今日一日を全身全霊で楽しみましょう

昨日の続きです

企業理念に何を落としこむのか?という話で

>「私たちの企業の特長、特徴を記そう」
>もしこれが、全従業員一致で、「うちの特長、特長はコレ!」となったら
>そもそも、その会社に企業理念はいらないかもしれません

と書きました
こんな会社、強いと思いませんか?
すべての従業員が、自社の強みをわかっている
当然すべきことを把握してると思います
とても良い企業風土ですよね

企業理念を軸とした、社内ブランディングの大事な大事な目的は、この企業風土を生み出すことです
そして、
企業理念は、組織をこの状態に導く肝心要の最初の一歩です

だから、このシリーズで述べてきたように
・形式は、なんだっていいと言いつつ、シンプルなほうがよくて
・存在理由をただ記したものよりは、個性がでているもののほうがよくて
・変わりばえのしないものよりは、覚えやすいもののほうがいい

のです

このブログ創設の頃に
ブランドイメージ=偽らざる真実の姿
が私の信念だと述べました

企業理念はここに根ざすものです
だから、社会の公器である企業としての存在理由を
自分たちの個性、特長、特徴を踏まえ
間違えずに言語化する必要があるのです

ここがうまくいくと、企業には文字通り魔法がかかります
その通りの組織になるべく、動きが自然に起こってくるのです
ですが、間違えてしまうと、これがどんどんややこしくなってしまいます

読んでくださってありがとうございました

企業理念は魔法の言葉 (生きる企業理念、形骸化する企業理念4)

本日より7月
一年の半分が過ぎ、新しいサイクルに入りました
スタートにふさわしい穏やかな風と気候で、とてもいい予感がします
2013年、残り半分、素晴らしいものにしましょう!

というわけで、前回の続き
「企業理念は魔法の言葉」となる ことについて

企業理念の本質は、存在理由である
と前々回に書きました

じゃあそれをそのまま言葉にする・・・
のもアリですが、前回書いたようにちょっともったいないのです

では一歩踏み込んでみましょう

企業が何を持って社会に貢献するのか?

ここで個性が出てきます。
衣類販売の店であれば
「例えば良い衣類を社会に提供する」
となります
けど、これではまだ足りません
アルマーニなのか、ユニクロなのか、街の洋服屋さんのいずれなのか?

そこで次のステップ
企業の特長、特徴を表す

このあたりで核心に入ってきます

先ほどのアルマーニなら最先端、最高品質のファッション
ユニクロなら、CPに優れる服
街の洋服屋さんなら、地元の小学校の体操服が買える・・・

じゃあ、私たちの企業の特長、特徴を記そう




もしこれが、全従業員一致で、「うちの特長、特長はコレ!」とでたら
そもそも、その会社に企業理念はいらないかもしれません

次回に続きます!

読んでくださってありがとうございます

生きる企業理念 形骸化する企業理念 3

企業理念を、朝礼での唱和、研修などで半ば強制気味に浸透していくことの欠点について

昨日、2つあると書きました
その1つは、当たり前ですがコストがかかることです

これは一概に欠点とはいえません
理念などの浸透は、プロセスそのものに意味があります
・唱和して暗記する  
・その深い意味を考える
その流れのなかで、企業の風土に形成され良い影響を与えることも多いでしょう
ただ、理念そのものに工夫を加えれば、このプロセスがさらに効果的になる
あるいはなくても、同じ効果を得ることはできるのです

そしてもうひとつの欠点
それは、クリエイティビティ、自発性への影響です
企業理念や行動指針、クレドなどは、組織内の憲法であり法律です
ある意味「守らなければならないもの」です
唱和、研修などは、どうしてもこの側面が色濃く出てしまいます

「常に個人個人が考え、創造的である」というスタンスは
非常に得がたいものです
それに対して、上記の手法は良い影響は与えません

ならばそうならない企業理念とはどういうものか?
企業理念はうまく使えば、まさに「魔法の言葉」になります

明日はそのことについて書きたいと思います

読んでくださってありがとうございます

生きる企業理念 形骸化する企業理念 2

>企業理念策定において、簡潔な文面の中に何を落としこむのか

私は、企業理念の本質は存在理由の明示にあると考えます

だとすれば当然、「理念には存在理由を述べる」ということになりますが、
それだけでは、一味も二味も足りません

企業は基本的に社会貢献をするために存在し
その対価としての利益があるわけです
つまり存在理由は社会貢献
ただ、そのことを理念として述べても、
代わり映えしないものになってしまいます

代わり映えしないものは、従業員の心には残りません
それは、前回あげたメジャーな策定目的である
>・従業員がいつでも戻れる拠り所となる指針となる
としては機能しにくいものとなります

いやいや、やり方によってはできる! 例えば
・朝礼で毎朝復唱する
・理念に対する意識深化を目的としたレクチャーを、一定期間毎研修などで行う

確かにその通りです
しっかりそれを続ければ、理念の深い意味は従業員に腹落ちするでしょう
理念軸の行動が生まれ、企業としてのカラーは明確になるでしょう

ただ、上記の方法には2つ欠点があると、私は考えます

明日に続きます